現金化業者が商品を発送する理由は?クレジットカード現金化の業界事情

クレジットカード現金化の業界事情

クレジットカード現金化の業界事情クレジットカード現金化を申し込む際に、必ず現金化業者が商品を発送するのって不思議ですよね。
購入した商品を買い取ってもらう形でこちらから発送するのは理解できますが、安っぽいガラクタがわざわざ送られてくるのはなぜなのか…。
それにかかる費用を節約する分、もっといいレートで現金化してほしい!と思ってしまうのも無理はありません。

そんなわけで、ここではクレジットカード現金化業者が商品を発送してくる謎を徹底究明していきます!

謎の正体は「キャッシュバック」という形態にあった

クレジットカード現金化の方法には「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2タイプに分類されます。
このキャッシュバック方式というものに、商品が発送される理由があるようです。
まずはこの2つの特徴と違いを踏まえたうえで、この謎を解き明かしていきましょう。

買取方式とキャッシュバック方式の特徴と違い

買取方式とは、換金する価値のあるものを利用者側が調達して、それを現金化業者に買い取ってもらうというもの。
ブランド品やゲーム機器や金券など、中古品でも価値の下がりにくいものを利用します。
リサイクルショップで不用品を買い取ってもらうのに近いイメージなので、わかりやすいでしょう。

それに対してキャッシュバック方式は、お買い物をした特典としてキャッシュバックサービスをするという名目で、現金を振り込んでもらうというもの。
携帯電話のMNP(電話番号を維持したまま契約を他社に乗り換えるサービス)のキャッシュバックキャンペーンなんかが身近ですよね。

キャッシュバックについては法律上値引きと同等と考えられており、厳しい規制はありません。
金額や返還率の上限がないため、縛りが少なくてクレジットカード現金化の手段とするのにうってつけなんです。

買取方式は、換金率が商品の価値に左右されてしまいますが、キャッシュバック方式の場合そういったリスクがありません。
さらに現金化業者側とクレジットカードを介して直接お金のやり取りをすることになるため、金銭的なロスが少なくて済むのがこの2方式の最大の違いであり、キャッシュバック方式の大きなメリットなんですね。
合わせて読みたい⇒クレジットカード現金化の買取方式とキャッシュバック方式の違い

キャッシュバック方式になぜ商品の発送が必要なのか

キャッシュバック方式の仕組みを理解したところで、次は商品の発送が必要となる理由に切り込んでいきましょう。
キャッシュバックというサービスは本来「お買い物をした特典」であると先程触れましたが、まさにこれが商品が発送される理由なんです。

「キャッシュバック」という名目を利用している以上、利用者は特典を受け取るために現金化業者から商品を購入する必要があります。
その購入品として、現金化業者は利用者に品物を発送するんですね。
あくまでも形式的に必要なものなので、現金化業者側は100均にあるようなガラクタやメールの添付画像など、そのものには大した価値のないものを送ります。

現金化業者が商品を発送しなかったらどうなる?

形式上キャッシュバックサービスが付帯する「購入品」を発送する必要があるということはわかりましたが、それにしても商品を送ったことにして無視すればわざわざ発送する手間がかからずに済むのでは?という疑問も生まれます。
ここからは、現金化業者が商品を発送しなかったらどうなるかということと、その理由について見ていきましょう。

法律違反として罪に問われる

現金化業者は、金融行為ではなくあくまでも商品の売買という形でクレジットカード現金化を行っています。
したがって売買取引が不成立となれば、キャッシュバックを行うことも不可能。
もし商品を発送せずにお金だけ振り込んでしまえば、貸金業法違反や古物営業法違反に抵触するとして罪に問われるリスクがあります。

現金化業者が合法的に、利用者の銀行口座にお金を振り込むためには、商品の売買が成立しなければなりません。
したがって、利用者は必ず商品を受け取る必要があるんです。

利用者側が抱えるリスクについて

もし商品を受け取らなくても困るのは現金化業者だけだから…という理由で商品の受け取りを拒否するのは絶対にダメです。
もし現金化業者が検挙されるようなことでもあれば、カード会社にクレジットカード現金化を利用したことがバレてしまうでしょう。
それが原因であなたのクレジットカードが利用停止に遭ったり、退会処分とされたりしてしまう恐れもあるんです。

クレジットカード現金化を利用すること自体は、現行の法律では規制されておらず、利用者側が逮捕された前歴もありません。
ところが、クレジットカード会社側はショッピング枠の現金化を利用規約で禁止しています。
もし現金化が発覚すれば、規約違反として厳しく処罰されてしまうかもしれません。

クレジットカードの利用停止だけならまだいいものの、最悪の場合は退会のうえ信用情報に傷がついてしまい、他社のクレジットカードの審査に落とされてしまうことだって考えられます。
さらにはその時点で分割払いやリボ払いを利用していた場合、返済を一括請求されてしまうことだって十分にあり得るんです。

こういったリスクを想定すると、たかが発送された商品を受け取るくらいのひと手間なんて安いものですよね。

現金化業者が金融業でない理由

そういうことなら、そもそも現金化業者が金融業としてクレジットカード現金化を行っていれば、商品購入のキャッシュバックサービスなんて隠れ蓑は必要ないのでは?と思う人もいることでしょう。
そんな疑問にお答えするべく、現金化業者が金融業でない理由について紐解いていきますね。

金融業としてクレジットカード現金化を行うこと自体がNG

クレジットカード現金化とはそもそも、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えるというシステム。
つまり「ショッピング」をする中で発生したお金でなければなりません。
つまりショッピング枠を利用する形態をとる以上、商品の売買は必須なんですね。

クレジットカード会社は、不正利用を防止するために24時間体制で決済を監視しています。
やはりお金だけの貸し借りでは監視の目はかいくぐれません。
利用規約で禁止されている以上、このルールは絶対に守らなければなりません。

現金化業者は「古物商」である

現金化業者は貸金業者ではなく、古物商として事業を展開しています。
金融行為をするためにはそれ専用の届け出をする必要があるので、許可も受けていないのに勝手にお金を貸したら貸金業法違反として重い罰がくだされてしまいます。

あくまでも古物商として利用者と商品を売買している。
その取引の特典としてキャッシュバックサービスを行っている。
この建前があるからこそクレジットカード現金化は成り立っているというわけなんですね。

クレジットカード現金化の業界事情まとめ

クレジットカード現金化業者が商品を送ってくる理由は、「キャッシュバックサービス」の規制のゆるさを利用して現金化を行っているところにありました。
そして、商品の売買という形式を取ってショッピング枠を使う以上、商品の発送・受け取りは必ず遂行しなければなりません。

業者側と利用者側の双方を守るために、商品が発送されてくるんですね。
けっしてこのことをないがしろにせず、現金化を行った際には商品の受け取りを必ずするように心がけておいてください。