クレジットカード現金化で後悔しないためには?原因や対策について

自分名義のカードを所持していて、なおかつショッピング枠に残高があれば、誰でも簡単に手続きできるクレジットカード現金化ですが、よく考えずに利用してしまったことを後悔したという声が少なからず聞かれます。
お金がない状況を乗り切るためとはいえ、クレジットカード現金化の方法をよく分からずその場しのぎで手を出してしまうことがないように、なぜ失敗したのか、その理由について確認をしていきましょう。
自身が申し込む立場になった時、納得した上で取り引きするための参考にしてください。

クレジットカード現金化で後悔した理由とは?

クレジットカードを現金化の手続きをしたことに対し、どういった理由で失敗したと判断したのか、よく聞かれる例についてご紹介していきます。
手軽に行える現金化ですが、少なからずリスクを伴う調達手段でもあるのです。

クレジットカードが利用停止になった

クレジットカード現金化は、カード会社の規約に明確に違反する使いかたです。
そのため、現金化を目的とする利用が疑われる動きがあったと判断された場合には、予告なく突然クレジットカードが利用停止になってしまいます。

悪徳業者で詐欺にあった

現金化業者の中には、手続き時に入手したカード情報や個人情報を不正利用する悪徳業者が紛れているのが現状です。
下調べを怠りこうした業者に引っかかってしまうと、現金が振り込まれない詐欺被害や、情報漏洩のトラブルに巻き込まれてしまいます。

振り込み金額が思ったより少なかった

クレジットカード現金化は、換金率や発生する手数料に応じて入金額が決定します。
業者の取り分が差し引かれるため、必ず損をしてしまう取り引きです。
すぐに現金が用意できる手段ですが、ピンチを乗り切り支払いの対応をする段階になって、現金化できた金額の少なさに後悔するかたが少なくありません。

クレジットカード現金化で後悔する人の特徴とは?

クレジットカード現金化しなければよかったと後悔してしまう人には、ある共通した特徴が見られます。
いずれも自業自得といえる失敗ですので、自身に同じようなことが起こらないように参考にしておきましょう。

換金性の高い商品を購入しすぎた人

換金性の高いものばかり頻繁に買いすぎて不正利用検知システムに引っかかり、カードが利用停止になってしまうケースがあります。
昨今は監視体制が強化されているため、普段と異なるカードの使われかたはすぐに怪しまれるのです。
転売で現金化するには、特に注意しましょう。

現金化業者の評判や口コミを確認しない人

現金化業者は換金率は入金スピードもちろん、安全性の高い信頼できる業者を慎重に探す必要があります。
しかし、サービスの内容や利用者の評判を調べずに申し込んでしまうと、求める条件に合致せず、満足できる取り引きはできません。
悪徳業者に引っかかる確率も高まってしまいます。

換金率が100%と思い込んでいる人

現金化業者で取り引きした場合、換金率は80%前後が相場です。
10万円分申し込んでも入金されるのは8万円程度ですが、システムを理解しておらず、業者に騙されたと勘違いしてしまうかたが少なからずいます。
手続きの際には、必ず入金確定額を確認してから取り引きを承諾してください。

クレジットカード現金化で後悔しないためにはどうすればいい?

クレジットカードを利用した現金化は便利で簡単な方法ですが、だからこそ安易に飛びつくことなく、リスクも考慮した上で慎重に行うことが重要です。
納得して手続きを進められるように、ポイントを押さえておきましょう。

カード会社に不自然に見られないように現金化する

現金化目的の利用をカード会社に悟られることがないよう、できるだけ普段と変わらない使いかたを意識しながら現金化することが大切です。
1回の支払い金額が大きくなりすぎないこと、換金性の高い商品を何度も買い続けないこと、疑われた時に言い訳が通用する範囲で利用してください。

口コミ評判を参考に優良店を探す

現金化業者に申し込む場合には、評判のいい優良業者を慎重に探しましょう。
業界で長く営業を続けている老舗、利用者の多い大手といわれるところが安全性の高い業者の特徴です。
利用者が多いため、口コミでもよく業者名を目にします。

換金率や手数料をしっかり把握しておく

申し込む前には、その業者の換金率設定や、差し引かれる手数料について確認をしておきましょう。
調べておかなかったことが原因で、思ったよりも入金額が少なかったと後悔する声がよく聞かれます。
換金率ができるだけ高いことはもちろん、手数料が発生しない業者を探すことも満足のいく取り引きのコツです。

クレジットカード現金化で後悔しないためには?についてまとめ

クレジットカード現金化して後悔をした、業者に騙されてしまった、いろいろ問題を起こして失敗した、そうした声もありますが、主な原因には利用者の下調べ不足が挙げられます。
賢く手続きするためには、現金化のシステムについて正しく理解することも、カード会社に怪しまれないように慎重に行うことも大切です。
トラブルが起こってからでは対応が困難ですから、問題なく手続きできるかどうかよく考えてから申し込むようにしてください。