スマホのキャリア決済で現金化?その方法は?手順を進めるうえでの注意点

キャリア決済の現金化の方法

キャリア決済の現金化の方法スマホのキャリア決済で購入できるものは多く、ギフト券等も購入できる場合があります。
直接キャリア決済ができなくてもスマホのウォレットやプリペイドカードにチャージして購入できる場合があり、現金化の手段としても利用されています。
クレジットカードの現金化は有名ですが、スマホのキャリア決済で現金化をすることもできるのです。
具体的な現金化の手順と注意点をまとめました。

キャリア決済を利用してギフト券等を購入すれば現金化ができる

スマホのキャリア決済を利用した現金化を目指す場合、ギフト券などを購入して売却するのが一般的になります。
ギフト券は換金率が高いのが特徴です。
金券買取ショップや売買のための専門サイトを利用すれば、8割を超える換金率が達成できる場合もあります。
買取を依頼できルートが多く、安定して売買できることも魅力です。

何を購入してどこで売るかが大切になる

キャリア決済を利用した現金化を行う場合、買取が依頼できるものかどうかが重要です。
金券やギフト券はどのような決済手段で購入できるかが異なり、転売などを防止するために取引が難しくなっているものがあるからです。
実際の取引までの流れをしっかり把握しておかないと、ギフト券が売れないこともありえます。
取引にかかる時間や手間、換金率も大きく変わります。
早く現金化したい場合はネットで取引できるギフト券を選ぶ、金券ショップが近い場合はバスや新幹線の回数券を利用するなど、使い分けることが大切です。

家電などは換金率が大幅に下がる

キャリア決済などを利用して家電などを購入し、リサイクルショップで売却して現金化する方法もあります。
オークションサイトなども利用できますが、現金化に時間がかかるのがデメリットです。
換金率も低くなる傾向があり、発送の手間などもかかることに注意が必要です。
スピードや換金率を重視する場合は外すのがおすすめです。

現金化の手順とメリットデメリット一覧

キャリア決済を利用してギフト券を購入する場合、キャリア決済が可能なオークションサイトを利用してギフト券を購入するか、直接ギフト券を購入して売却することになります。
フリマアプリの場合はギフト券の売買自体が禁止されていることが多く、売却先として利用するのは危険です。
大まか手順とメリットとデメリットをまとめます。

オークションサイト利用のメリットとデメリット

キャリア決済ができる『モバオク』を利用し、ギフト券を購入後に金券ショップなどに売却すれば現金化ができます。
メリットは様々なギフト券や価格から自分で選べることです。
タイミングによっては非常に高い換金率が達成できます。
デメリットは、紙のギフト券は発送の手間などがかかるため現金化に時間がかかることです。
現金化を急ぐ場合はAmazonギフト券等、電子系のギフト券を利用することになります。
また、届いたものと実物が違うといったことや、金券ショップに買取が拒否されるといったこともありえます。
電子系のギフト券でもコードが認証されないといったトラブルがありえるため、確実性を求める場合は外すのがおすすめです。
モバオクの場合、一回の決済金額が9,999円までに制限される点にも注意が必要です。

iTunesコードを利用した現金化のメリットとデメリット

iTunesコードを購入しギフト券買取ショップで売却をすれば現金化が可能です。
メリットは購入が簡単なことです。
デメリットは専門サイトで売買が必要なことになります。
iTunesコードを売買できるサイトは多いものの、手数料や振込みにかかる時間はまちまちです。
個人間の取引はトラブルが起きる可能性があり、リスクを知った上で利用する必要があります。
専門サイトで取引をする場合は、iTunesコードを購入し、取引が成立したらコードを送ることになります。

専門の現金化業者に依頼するメリットとデメリット

キャリア決済の現金化を目指す場合は現金化の専門業者に依頼するのも方法です。
メリットは確実かつ素早く現金化ができることが多い点です。
土日対応で即日現金化してくれる業者も多く、詐欺などにあうリスクも避けることができます。
業者の数が多く、事前の情報確認がしやすいのも魅力です。
デメリットは自分で現金化するよりも手数料がかかることです。
手数料収入を得るビジネスモデルになるため、現金化のスピードや安全性を考えた場合はある程度割り切る必要があります。

現金化のメリットとデメリットを詳しく解説⇒

キャリア決済の限度額に注意が必要

キャリア決済は便利な一方、限度額がクレジットカードより低めに設定されています。
auを利用している場合は5万円、ドコモとソフトバンクは10万円が上限です。
また、契約状況などで限度額が変わるほか、一度に決済できる金額も限定される場合があります。
現金化前に自分の限度額をチェックし、一度にいくらまでなら使えるか把握することは重要です。
自分で限度額を設定している場合は、設定の変更も必要になります。

キャリア決済の現金化はまとまった現金化には向かない

キャリア決済の現金化は、限度額の関係上まとまったお金の調達には向きません。
普段からキャリア決済を利用している場合はそれだけ現金化に使える枠も少なくなります。
まとまった金額を用意したい場合は他の手段を考える必要があります。

未成年は一度に決済できる金額が低く設定されている

キャリア決済は便利な分、不正な利用や意図せぬ利用への対策が厳しくなっています。
特に未成年の利用は厳しく、数千円しか使えないケースもあります。

ギフト券を売買できる場所とキャリア決済の規約にも注意

キャリア決済の現金化を行う場合は、ギフト券を売る場所が重要になります。
現金化で重要な役割を果たすのが金券ショップですが、Amazonギフト券やiTunes ギフトカードは買取できない仕組みになっています。
アカウントに紐付けてポイントをチャージする仕組みのギフトカードは、登録をしなければポイントが有効か確認できません。
金券ショップではデパートの商品券や新幹線の回数券など、利用が可能なことを見て確認できるものしか買取できないのです。

iTunes ギフトカードは換金率が低め

キャリア決済の現金化に便利なiTunesギフトですが、買取の相場はAmazonギフト券よりも低めになっています。
利用する人口が違うため、金額も低めになっているのです。
時間をかけてもオークションサイト経由でデパートのギフト券等を購入し、金券ショップに持ち込んだ方が換金率があがる場合もあります。
現金化を急ぐのか、時間をかけていいのかで換金率が変わる場合があるのです。

キャリア決済の契約では現金化目的の利用は禁止されている

スマホのキャリア決済はショッピングや様々な支払いのために利用するためにあり、現金化目的で使うことは禁止されています。
クレジットカードも同様で、お金を貸し借りする目的で利用する場合はキャッシング枠などを利用しなければいけない仕組みになっています。
クレジットカードやキャリア決済を扱う法律とお金の貸し借りを扱う法律は異なっており、現金化目的で利用したことがわかるとペナルティを受ける可能性もあるのです。
スマホが強制解約になるなど、利用に支障をきたす場合もありえます。
毎月多額のギフト券を購入するなど、怪しい買い物が続いた場合は疑われる可能性が高くなります。

キャリア決済の現金化は意外と手間がかかる

キャリア決済の現金化は意外と手間がかかり、知るべきことが多くなります。
契約上のリスクがあるのもポイントで、多用すればスマホの強制解約といったリスクも伴います。
可能な限り利用を避けることと、安全に利用するために何をすべきかを考えることが重要です。
無理をするよりも専門業者を頼るのも方法で、通信業者に疑われるリスクも減らすことができます。
換金性が高いものを、大量に、連続して購入するほど疑われやすくなるため注意が必要です。