【最新版】クレジットカード現金化の流れ・利用手順を初心者向けに解説

クレジットカード現金化の流れ
クレジットカード現金化を利用したいけど「サービスの流れが不明瞭だから不安」という理由で躊躇している人は多いはずです。

また、クレジットカード現金化についてキャッシングやカードローンで行き詰ったときの危ない橋を渡って現金を調達する最終手段の方法として捉えている人もいると思います。

たしかに、クレジットカード現金化業者は良いイメージよりも悪いイメージのほうがまだまだ強いと思うので、そのような考えになるのも無理な話ではありません。

それに公式サイトの多くは換金率や入金までの時間などは記載されているけど具体的な利用手順や入金までの流れが書かれていることは滅多にないことも事実で、それにより利用に躊躇することもあると思います。

そこで今回は、初心者の人やクレジットカード現金化を不審なサービスと思っている人に向けて、クレジットカード現金化の流れや利用手順を初心者向けに解説していきます。

クレジットカード現金化を利用したいけど怖くてできないという初心者の人は特に必見です。

クレジットカード現金化に使うクレジットカードの情報を確認

まずはクレジットカード現金化に使うクレジットカードの有効期限とショッピング枠の限度額を事前に確認しておきましょう。

なぜなら、利用時に利用限度枠が足りなくて申し込みエラーを何度もしてしまうとカード会社に不審に思われるからです。

それとクレジットカード現金化に使うクレジットカードの国際ブランド(カードの右下にある)を確認しておきましょう。

  • VISA(ビザ)
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB(ジェーシービー)
  • American Express(アメリカンエキスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)

金城さん

などありますが、JCBAmerican Expressは現金化に向いていないブランドと言われています。

中にはJCBやAmerican Expressを取り扱いしていない現金化業者も存在するので、なるべくVISAMastercardのクレジットカードを利用するようにしてください。

クレジットカード現金化業者を選ぶ

クレジットカードの情報を確認しましたら次は安全に利用できるクレジットカード現金化業者を選びましょう。

初心者の人は「換金率の数字のみ」で現金化業者を選びがちですが、それだけで業者を選んでしまうと失敗する可能性があるので「換金率の高さ」以外にも以下の点をチェックし選ぶようにしてください。

  • ネットの口コミ
  • 公式サイトに固定電話の番号が記載されているか
  • 振り込みスピード
  • 手数料の有無
  • キャンペーンの有無
ネットの口コミは実際に利用した人の生の声なので、安全なクレジットカード現金化業者を選ぶうえで一番重要なポイントと言えます。

良い評判の口コミが多ければ多いほど利用者の多い優良な現金化業者ではありますが、サクラを雇いヤラセの口コミを書かせている悪質な現金化業者も中には存在します。

ですので、口コミを参考にする際はしっかりと内容を読んで本物の口コミなのか見極めましょう。

換金率以外に手数料がかかる現金化業者も

クレジットカード現金化業者の中には換金率とは別に手数料が発生する仕組みの現金化業者が存在します。

換金率は99%だけど高額な手数料で差し引かれ結局「60%程度の換金率での入金額」になっているということもあるので注意しましょう。

このような詐欺まがいの仕組みのある現金化業者を選ばないためには、利用する前に一度電話で確認することをおすすめします。

金城さん

このとき振り込みまでの時間や、キャンペーンの有無なども聞くといいでしょう。

クレジットカード現金化の流れ

  1. 申し込み
  2. 本人確認
  3. カード決済
  4. 指定口座に入金
  5. カード会社に返済

安全なクレジットカード現金化業者に申込をする

自分が安全だと思えるクレジットカード現金化業者を選びましたら申し込みしてみましょう。

申し込み方法は電話とネットがありますが、初心者の人ですと電話では緊張してしまうと思うのでネットからのほうがいいでしょう。

申し込みフォームは業者によって違いますが、名前や携帯番号、メールアドレス、希望利用金額のみを記入する場合が多く住所を記入すること滅多にありません。

現金化業者からの折り返し連絡を待つ

現金化の申し込みフォームを記入し送信しましたら現金化業者からの折り返し連絡がきます。

この連絡は本当に本人が申し込みしたのかを確認する目的の電話となっているので、キャッシングの申し込みのように色々と質問されることはありませんし、職場に在籍確認されることも絶対にありません。

このときに換金率や手数料を差し引いた入金額を提示され、その金額に納得ができれば本格的に手続きが開始されます。

本人確認の書類をメール送信

振り込み金額に納得することができましたら本格的な手続きが開始されます。

通常、第三者による不正使用を防ぐために「クレジットカード」、「身分証」、「顔写真」の3点で本人確認することが多いです。

携帯のカメラで撮ってメールで送信するだけなので手間がかかることはないでしょう。

セキュリティーコードとクレジットカード番号を隠してクレジットカードを撮るように指示されるので、必ずそのような形で撮るようにしてください。

このとき「振り込み先の口座番号」も同時に聞かれるので、口座番号がわかるようにしておきましょう。

カード決済する

本人確認が済みましたら現金化業者から具体的にクレジットカード現金化の方法を説明されるのでその通りにカード決済しましょう。

クレジットカード現金化の方法は現金化業者によって違いますが、基本的に普通のネット通販と同じような流れで決済することが多いです。

支払い方法は任意で選択することが可能なので、自分に合った支払い方法にしてください。

指定口座に入金

無事に現金化業者が指定した商品をクレジットカードで購入することができましたら、あとは指定した口座に現金が入金されるのを待つだけです。

入金スピードが早い現金化業者ですと最短5分で入金されることも珍しくありません。

指定口座がゆうちょ銀行やネット銀行ですと平日15時以降でも入金されますがそれ以外の金融機関を指定口座にした場合、翌日の入金になりますので注意しましょう。

商品を受け取る

入金を終えてから数日後に現金化業者の指定で購入した商品が送られてきます。

最新のクレジットカード現金化は売買契約の特典でお金が還元される(キャッシュバック方式)というサービスなので、購入した商品が送られてくるというわけですね。

最近はこの手順がない現金化業者も増えてきましたし、商品を郵便局や営業所留めにすることができる現金化業者もあるので家族にバレたくない人はこのような配慮をしてくれる現金化業者を選びましょう。

買取方式の場合は返却する必要がある

キャッシュバック方式の現金化業者の場合、送られてきた商品を現金化業者に返送する必要はありませんが買取方式の現金化業者の場合、送られてきた商品を返送する必要があります。

ちゃんと返送しないとトラブルになる可能性があるので買取方式の現金化業者を利用した場合はしっかりと商品を返送するようにしましょう。

クレジットカード会社への返済

クレジットカード現金化は現金化業者に支払いをするのではなく、クレジットカード会社に支払いをするサービスです。

ですのでクレジットカード会社への返済は滞ることのないようにしましょう。

ショッピング枠は、しっかりと返済日に支払いをしていけば比較的すぐに限度額が上がる特徴があります。

これからも計画的にクレジットカード現金化を利用するのであれば必ず返済日に払うようにしてください。

支払い方法の変更をしたいのであれば決済後でもネットや電話で変更することが可能なので、無理をせずに支払いをしていくようにしましょう。

クレジットカード現金化の流れまとめ

クレジットカード現金化の流れを初心者の人向けに解説してきました。

言ってしまえばクレジットカード現金化とは携帯電話の購入などでよくある「キャッシュバックキャンペーン」というサービスです。

安全な優良現金化業者であれば従来のカードローンやキャッシングなどと同じように、気軽に利用できる金融商品とお分かり頂けたかと思います。