クレジットカード現金化は何のためにするの?どんな人が利用する?

クレジットカード現金化の方法には様々なやり方があります。
クレジットカード現金化の際は、消費者金融業者への借り入れとは異なり、審査を受ける必要がありません。
簡単な手続きのみで即日換金ができるのが強みで、ショッピング枠に残高さえあれば、後は本人確認のみで申し込むことができます。
この手軽さから、現金調達のために多くのかたに利用されている手段ですが、なぜ必要とされているのか、それにはいくつかの理由が挙げられます。
どんな目的があるのか、1つずつ解説していきましょう。

そもそも現金化って何?2つの特徴!

まず、クレジットカードをどのようにすれば現金化されるのか、そのシステムについて知っておく必要があります。
いくつか種類がありますが、現金化業者で主に利用されているのは2つの方法で、いずれも身近なものです。

現金化方法には「買い取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類ある

買取方式は、クレジットカードで購入した商品を売りに出すことで、転売で得たお金を手にする方法です。
キャッシュバック方式は携帯ショップは家電店で馴染みのあるシステムで、購入商品についてくるプレゼント特典を受け取る体裁で、現金をもらえます。

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化

現金化に利用するのは、買いもの時に支払いに使われる「ショッピング枠」です。
買取方式、キャッシュバック方式、いずれの手続きでも必要なのは商品を購入して決済するのみですから、こちらの枠に残高がなければ現金化はできませんので気をつけましょう。

クレジットカード現金化は何のために行う?

クレジットカード現金化は、まとまった現金が必要な状況になったものの、財布にも口座にもお金がないという時にピンチを乗り切るための方法です。
クレジットカード払いで商品を購入すれば、その代金は後日、カード会社が指定する引き落とし日に支払われることになりますので、申し込みの時点で所持している現金が0でも調達が可能になります。
そのため、クレジットカード現金化は緊急性を要し、借りれなど他の手段が選べない、選びたくない時に利用するかたが多いのです。

どんな人がどんな時に現金化をしている?

実際、どういったかたがどんな事情でクレジットカード現金化を利用しているのか、具体的な例を確認していきましょう。
誰にでも起こり得る状況で必要性を感じたから、他の方法では不都合があるから、いろいろなケースがあります。

冠婚葬祭が重なり現金がほしい時

お祝いごとに関しては前もって予定がわかり調整しやすいものの、突然の不幸や急遽決まったイベントごとが理由で出費が続いてしまう場合もあります。
給料日前にお金が尽きたことが理由で、即日換金できるクレジットカード現金化を申し込んだというかたが少なくありません。

信用情報に傷をつけたくない人

借り入れを行うと、信用情報に取り引き実績が残ります。
今後ローンを申し込む予定がある場合などに審査が通りやすくなるよう、なるべく情報に傷をつけないようにするため、あえてクレジットカード現金化を選ぶかたも多いのです。
クレジットカード利用も履歴が残りますが、延滞をしたり、現金化利用が発覚しない限りは審査に影響をすることはありません。

カード会社が現金化行為を禁止している理由とは?

現状の法律では、クレジットカード現金化行為は違法ではありません。
しかし、現金化業者の中には悪徳業者も少なからず紛れ込んでいることから、手続き時に個人情報やカード情報が盗まれて詐欺に遭う被害が見られます。
また、現金化が必要なほど金銭に困っているかたが、口座に現金がない状態でクレジットカードを使用すれば、後々支払いが困難になる可能性が高いでしょう。
立て替えたお金が返ってこなければ、カード会社が損害を受けてしまいます。
安全性の問題と、信頼をもとに成り立っているカード会社との関係が破綻しないように、カード会社ではクレジットカード現金化利用を禁じているのです。

クレジットカード現金化は何のためにするの?についてまとめ

クレジットカード現金化を利用する理由は人それぞれです。
どのようなケースがあるのかを理解していれば、同じような状況になった時にも、同じような人がいるということに安心感を覚えて申し込みしやすいでしょう。
ただ、安全な取り引きのためには、現金化がどのようなシステムで行われているのかを知っておくことも大切です。
現金化行為がカード会社の定める規約を違反することを踏まえた上で、必要になった時に利用しましょう。