クレジットカード現金化が疑われた!カード会社への対処法とは?

急な支払いや出費により現金が必要になった場合、銀行の預貯金や手持ちのお金だけでは賄えないと困ってしまいますよね。
そんな状況を打破する方法の1つとしてクレジットカードの現金化というものがあります。
ご自身名義のクレジットカードがあり、クレジットカード現金化の方法を把握していれば最短で即日に必要な現金を手にすることが可能です。
ただし、クレジットカードを現金化する目的での利用は禁止している場合が多いことから
注意事項を把握した上で判断する必要があります。
ここでは、クレジットカードの現金化がばれてしまった場合について解説していきます。

クレジットカード現金化が疑われたらどうすればいい?

クレジットカード会社ではカードの不正利用が無いか日々チェックすることでカード利用者が
安心してカードを利用したお買い物ができるよう取組んでいます。
このため、普段の買い物状況とは異なる金額や利用店舗があった場合は、
不正利用などを疑われる可能性があります。
ここでは、クレジットカードの現金が疑われた場合の対処法を解説していきます。

カード会社からの連絡に対応する

クレジットカード現金化など利用状況に不審な点が見られる場合、
クレジットカード会社からカード所有者に連絡が入ることがあります。
このとき、カード会社からの着信や連絡があった場合には必ず対応するようにことが大切です。
もし連絡に対して何も反応しなかった場合は、カード会社にしてみれば
カード利用者に対する疑念が深まることとなり、利用状況等の監視が厳しくなります。
このためカード会社からの連絡が入った際は必ず対応することが大切となります。

現金化目的で利用したことを伝えない

カード会社が現金化目的で利用されたのではないかと疑う情報としては、
ショッピング枠を使い切るようなお金遣いになっていたり普段の生活状況とは異なる買い物内容であれば
カードの現金化目的ではないかと疑惑を持つことになります。
カード会社からの連絡ではきっぱりと「現金化目的ではない」と主張することが大切であり
質問に対して落ち着いて冷静に対応することが大切です。
もし対応で疑わしい受け答えがあるとカード会社から監視対象として認定されてしまうため正当性を主張しましょう。

当分は現金化利用を控える

現金化利用が疑われたクレジットカードについてはカード会社からの連絡をしのげたとしても
利用状況の監視が継続されている可能性があります。
このためしばらくの間は目立った派手な金額のお買い物を対象のクレジットカードでは控えておくことを心掛けましょう。
そもそもクレジットカードとはカード会社とカード所有者の信頼関係で成り立っているものであり
疑惑が深まるような利用方法が継続するようであればカードの利用停止などの事態に陥る可能性もあります。
そうならないためにも当分は現金化利用を控えるようにしておくことが賢明です。

もしクレジットカード現金化がバレてしまったら?

カード会社からの連絡によりクレジットカード現金化がばれてしまった場合
利用者はどのような責任を負うことになるのでしょうか。
公式に認められていないクレジットカードの現金化ということだけに
もしもの場合におけるリスクを把握しておくことも大切です。
ここでは現金化がバレてしまった場合について解説いたします。

クレジットカードが利用停止になる

クレジットカード会社に現金化がばれてしまった場合には、
所有している対象のクレジットカードは利用停止となってしまいます。
これによりクレジットカードに紐づけている各種料金の支払いさえも
引き落としができなくなってしまうため支払い方法の変更が必要となりかなりの手間が発生することとなります。

強制退会&同カード会社での作成不可

現金化がばれてしまった場合、利用停止だけでは済まないこともあり、
利用していたクレジットカード会社を強制的に退会となってしまうだけでなく
同じ会社で再度クレジットカードの申請をしても作成不可として扱われる可能性があります。
これによりクレジットカード会社では現金化の利用が判明もしくは疑わしい場合には
利用契約違反として退会させる権利だけでなくブラックリストに登録することで
同じ会社で再度クレジットカードを申請しても認可が下りないようにすることができます。

一括請求される場合もある

現金化によって支払いに使用した金額については
クレジットカード会社から一括請求される場合があります。
この時、現金化目的でショッピング枠を目一杯利用していた場合には
一括請求されることでただでさえ手持ちの現金がなくて困っているにもかかわらず
未納分の支払い期限が迫ってくることで資金繰りが困窮する恐れがあり
何とかしてお金を工面しなければならない状況に陥る状況となってしまいます。

クレジットカード現金化が疑われた時の対処法についてまとめ

クレジットカードの現金化が疑われた場合には、現金化目的の利用ではないことを明確に主張し
疑われているカードの利用を控えることが重要となります。
仮にも現金化がばれてしまった場合には利用停止だけでなく強制退会や利用額の一括請求など
最悪の事態を招く恐れもありますのでカード会社からの連絡にはしっかりと対応することが大切です。