クレジットカード会社に現金化の利用がバレた!利用停止の回避方法はあるの?

クレジットカード現金化がカード会社にバレたら

クレジットカード現金化がカード会社にバレたらクレジットカード会社はショッピング枠の現金化目的の利用を禁じていて、利用がバレると利用停止になる恐れがあります。
ただし、利用停止とイコールで現金化がバレたとは限らないため、利用停止の理由を確認することが重要になります。

クレジットカード現金化は強制解約のリスクがある

クレジットカードの現金化は規約違反に該当し、最悪強制解約になる恐れもあります。
強制解約になった場合は借入残高の一括返済を求められた上、信用情報に金融事故として記録されます。
いわゆるブラックリスト入りで、ほかのクレジットカードが停止されてしまう恐れや、新しいクレジットカードが作れない状態になる場合もあるのです。
強制解約の前の段階としてクレジットカードの利用が停止されることがあるため、カードが使えなくなった場合は注意が必要です。
また、予告なくクレジットカードが停止されることは珍しくないため、慌てずに対処することも重要になります。
合わせて読みたい⇒クレジットカード現金化が利用規約違反になる理由と気を付けること

国際ブランドは現金化に厳しい傾向がある

クレジットカード会社によって規約違反に対する対処は異なり、中には話し合いで解決できるケースもあります。
ただし、JCBなど国際ブランドのクレジットカード会社は契約に対して厳しい傾向があり、現金化に利用すれば強制解約の恐れが高まります。
中小のクレジットカード会社や、国際ブランドを借りてカードを発行している会社、直接国際ブランドが発行するクレジットカードでは規約への意識が異なるのです。

ステータス性が高いクレジットカードほど規約に厳しいという意識も大切です。

別な見方をすれば、クレジットカード会社の中には謝罪をすれば利用停止が避けられる場合もあります。
規約違反を意図的に行っていたのか、現金化を継続的に行っていたかなど、もろもろの条件を勘案してクレジットカード会社が判断を下すためです。
悪質性が低いと判断されれば穏便に解決する場合もありえます。
ただし、確実な方法とは言えず、現金化に利用したことを申告することで自体が悪化するケースもありえます。

現金化に使っても利用停止にならないケースがある

クレジットカードの現金化直後にクレジットカードが利用停止になっても、現金化がバレたとは限りません。
クレジットカード会社が不正な利用を疑って利用停止の措置を取っただけで、問題がないと確認できれば停止が解除される場合があるからです。
ただし、利用目的について聞かれた場合に現金化に使ったといえば強制解約のリスクは高まることになります。

換金性の高い商品の購入は不正購入も疑われやすい

クレジットカード現金化に使われる商品やギフト券は換金性が高いという共通点があります。
換金性が高いアイテムは不正な利用に使われやすく、紛失したクレジットカードや盗まれたクレジットカードが利用される場合もあります。
そのため、高額な買い物や換金性の高い商品をまとまった額購入した場合、カード会社の判断でカードが利用停止になることがあるのです。
小額の商品を一日に数十回購入するなど、不審なお金の使い方があった場合も同様です。
この場合は本人がクレジットカードを利用したことがわかれば、利用停止が解除される場合があります。
他人に使われた、覚えがないなどの嘘はつかず、自分が購入したことをはっきりさせることが大切です。

正当な目的で利用したものであれば問題がない

クレジットカードが停止された場合、自分が連絡するよりも早くクレジットカード会社から連絡が来る場合があります。
クレジットカード会社はカードが利用されたことまではわかっても、何の目的で使われたかは確認できません。
そのため、利用目的の確認や、本人が利用したか確認するために連絡が行われるのです。
連絡が来るのとバレているのはイコールではありません。
欲しいから購入した、ポイント目当てでギフト券経由の購入になったなど、正当な範囲であれば利用停止の恐れはありません。

バレるリスクを追わないことが重要になる

クレジットカード現金化がバレたリスクは非常に大きく、リスクを負わないことが大切になります。
常にショッピング枠が一杯の状態や、換金性が高いものを何度も購入すればバレるリスクが高まります。
可能な限り利用をさけ、疑われないようにするのが基本です。
クレジットカード現金化の専門業者が存在するのは、疑われるのを避けやすくなるからでもあります。
自分でギフト券等を購入して売却するより、業者が間に入った方がリスクが下がる場合が多いからです。
現金化を考える場合はしっかりと考えたいポイントになります。

実際にバレた場合は解約も避けられない場合がある

現金化が実際にバレてしまった場合、利用停止や解約が避けられない場合があります。
ショッピング枠が常に一杯の状態で、換金性の高いものを毎月購入するなど疑われる要素が多い場合はリスクが高まります。
他のクレジットカード会社からの借入が多い場合も同様です。
実際に現金化がバレてしまった場合は、しっかりと謝罪することや、返済の意思があることを示すことが重要になります。
クレジットカード会社によって異なるものの、場合によっては利用停止が解除されることもあるからです。

強制解約などが起こった場合はカード会社と話し合いが必要になる

クレジットカードの利用が停止された場合、返済専用のカードになるケースと、強制解約が行われるケースがあります。
強制解約の場合は一括で借入残高の返済が求められますが、返済しきれない金額の場合はクレジットカード会社との協議することが大切です。
協議を行わなければ返済の意思がないと判断され、給料や財産の差し押さえなどに発展する恐れもあるからです。
協議を行えば段階的な返済を行うなど、返済ペースの相談が可能になります。
連絡を放置しないことが大切になります。

クレジットカードが使えなくなった場合はデビットカードなどを用意する

クレジットカードは生活の必需品として浸透していて、ないと支払いに困るケースが増えます。
クレジットカードの利用停止受けた場合、代用できるクレジットカードが必要になる場合があります。
他のクレジットカードが使える場合は使うカードを切り替えるのが基本です。
しかし、強制解約になるなど信用情報に傷がついてしまった場合はデビットカードへの切り替えが視野に入ります。
デビットカードは銀行の残高と結びついていて、多くのクレジットカード決済サービスで使用できます。
審査などがなく、理由があってクレジットカードが作れない人でも使いやすいのです。
さまざまな企業がデビットカードを発行しているだけでなく、アプリで作れるカードなども誕生しています。
利用ができなくなった場合の保険として知っておくことも大切です。

クレジットカード現金化がバレた時に利用停止を回避する手段はない

クレジットカード現金化がクレジットカード会社にバレた場合、根本的な利用停止の回避方法はありません。
現金化がバレた場合はクレジットカード会社の対応を受け入れるしかなく、利用停止が取り消せない場合も多いからです。
契約上の問題になるため、弁護士などを雇っても難しいことには理解が必要です。
しかし、利用停止と現金化がバレることはイコールではないため、クレジットカード会社がどの段階の対応をしているかは知っておく必要があります。
一度利用が停止されても、本人に利用の確認が取れて不審な点がなければ利用停止が解除されることもありえるからです。
状況を確認しながら、冷静に対処することが大切です。