クレジットカード現金化は横領罪になる可能性があるのか?

現金化は横領罪になるのか?
クレジットカードを利用しての現金化で最も気になるのが、法に触れる行為ではないのかということです。
簡単に言うと、横領罪に問われるのではないかという、問題が浮上してくるのですね。
実際クレジットカードでの買い物のシステムを考えてみると、下手をすると横領罪に問われるということにもなります。
ここはそういったケースが有るのか無いのかはっきりとさせてから、現金化したいものです。

キャッシュバック方式なら横領罪は適応されない?

この横領罪に問われるのではないかという問題、クレジットカードの現金化が行われるようになってから随分と論議されてきました。
実際業者の取る方法によっては、この罪に問われることがあるので注意が必要です。安全な現金化にはキャッシュバック方式がおすすめです。

クレジットカードの現金化が横領罪に問われるのは

クレジットカードの現金化には2つの方法があります。1つは買取方式で、もう1つはキャッシュバック方式です。
横領罪に関して危険があるのは前者、買取方式の現金化です。
これはカードで品物を購入して、業者に買い取ってもらうことでの現金化方法です。と聞くと、これのどこが横領罪にと思いますよね。
しかしカードでの買い物というのは、購入した時点ではカードの使用者は支払いをしていないということ、これが肝心なのです。
品物を購入した時点では、その代金を支払っているのはクレジットカード会社なのですね。締めの支払いをして初めて、使用者が支払いを終えることになるのです。
と考えてくると、横領罪という意味がはっきりしてきます。まだ自分のものではない、本来の所有権がクレジットカード会社にある品物を、売ってしまうわけですね。
これは理論的に、横領ということになります。

キャッシュバック方式なら安全?

ではもう1つ、キャッシュバック方式についてです。こちらはと言うと、現金化業者から品物を購入、そのキャッシュバックとして現金を受け取る方法です。
品物自体は価値のないものが多く、単にキャッシュバックを受けるための手段になっていますね。でもその品物を売るということは無いので、これは横領にはなりません。
似たようなシステムとしては、ポイントシステムがあげられます。品物を購入するとポイントが付く、あれもキャッシュバックの一種です。
つまり、キャッシュバック方式での現金化なら、横領にはならず安心して利用ができるということです。

過去に現金化の利用で横領罪になった事件は見当たらない

実際にこの横領罪について、過去に事件として取り上げられたものはあるのでしょうか。横領罪として訴えられた、などの前例があるとすると怖いですよね。
そのあたりも確認しておきましょう。実は1件も、横領罪で訴えられたという事件はないのです。

買取方式でも実際のところは

買取方式の場合も実際のところでは、横領罪として事件になったケースは今のところ見当たりません。
横領罪としての届け出は無い、ということです。ただ問題は、カード会社がこれが重なってきた場合、明らかに現金化が目的でのカード使用と気がついてきます。
あまりに頻繁になった場合カードの利用を差し止められる危険性はあります。
とは言え、支払期日にしっかりと支払いを指定さえすれば、カード会社としても問題は特に無いわけです。
カードを多く利用、しかもきちんと支払ってくれるのはカード会社にとっても上客なのです。
なので、支払い自体がきちんとしていれば、早々問題は起きないということですね。結果横領罪での訴えは、1つもないのが現状です。

キャッシュバック方式ならシステム的に問題はないので

キャッシュバック方式の方は、完全に法に触れることのないシステムです。これがだめだとなると、世間一般のキャッシュバック使用のセールスも全部使えなくなります。
ポイント制自体も、否定されることになりますので、一切ポイント付与というシステムも使えなくなるということです。
今の買い物などでこのポイント製、大きな地位を占めています。これがだめになるということは、売買の基本自体にヒビが入るようなものです。
つまりキャッシュバック方式の場合、現在は完全に横領罪などの問題は出ないことになります。
故にこの方法をとっている業者での現金化での横領罪、1件もないのは当然ですね。
最もこれは、支払期日にきちんとカード会社に支払いをしたという前提での話です。そこを忘れないようにしてください。

【結論】クレジットカード現金化は横領罪に当たらない

ここまで見てきていると、クレジットカードの現金化自体横領罪に当たらない、と見ていいという結論に達します。
何故横領罪にならないのか、それは事件として立件されていないというのが、第一の理由です。

クレジットカードの現金化での横領罪の立件は本当に無い?

現金化業者が逮捕されたなどの記事を読むと、利用した自分も罪に問われるのではないかと、これ心配になって当然です。
しかし今までにこうしたケースで、利用者が横領罪で起訴されたとか、逮捕されたということは1回もないのです。
早い話、クレジットカードでの現金化はせいぜい、10万円単位ですね。この金額で逮捕というようなことは警察もいちいちやっていられないというのが本音です。
この金額で逮捕立件裁判、これをやっていたらどんなに多くの警察官がいても手が足りません。結果、見逃しという形になっているのが現状です。
大体訴える側がいなければ、警察もわざわざ動きません。
クレジットカード会社が訴えたらそこで、捜査に逮捕となりますが、今までのところカード会社からの訴え自体もないのです。
結果的に、今のところは横領罪として起訴された人はいない、横領罪自体が発生していないということです。
クレジットカード会社にしても、支払いをしなかった場合にはそれなりの措置を取りますが、次の支払いできちんと精算をしていれば文句はないわけです。
カード会社にとっては数十万はそれほど大きな金額ではありません。そのために、横領罪としていちいち訴えるなど、時間の無駄ということですね。

キャッシュバック方式での現金化なら最も安全で横領罪とは無関係

とは言ってもやはり、細かく考えれば気になるという人も多いでしょう。
やはり何かあったら怖い、これまで横領罪としての問題はなかったと言っても、自分が第一号になるのは嫌というのは、これ当たり前のことです。
なのでそうした場合には、キャッシュバック方式の現金化を行っている業者を利用してください。
横領とは完全に無縁のシステムでの現金化ですから、これで横領罪になることはありません。
しっかりとした基盤を持っている現金化の業者を利用すれば、問題なく現金化ができます。
もしこの方法でなにかの罪に問われるとすれば、きちんと支払いをしなかった時だけですね。
他には横領や詐欺に関する問題は、キャッシュバック方式では無いということです。こちらの利用で安全にクレジットカードの現金化をしてください。

安心してクレジットカード現金化業者を利用することができます!

クレジットカードの現金化で横領罪、読んでいるだけで怖い感じもします。ただ現状としては、この横領罪で訴えが出たということ、1つもないのです。
つまり、現金化は今のところ買取方式でも横領としての事件自体無いのですね。
ただこの手の問題が不じょうしてから、買取方式の業者の数は減っています。キャッシュバック方式が主流になっているのです。
どうせ利用するなら、危険自体がないキャッシュバック方式の現金化がおすすめです。