クレジットカード現金化と消費者金融はどちらを利用したほうが良いのか?それぞれのメリットとデメリット

現金化と消費者金融はどっちがいいの?クレジットカードの現金化と消費者金融の利用、どちらでお金を借りるかで迷っていませんか。
どちらが自分にとって有益なのか、この疑問をサッパリ晴らすために、クレジットカードの現金化と消費者金融それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
どちらがよりあなたに合ったお金の借り方なのか、ここからヒントを得てください。

クレジットカードの現金化のメリット&デメリット

まず最初に、気にかかるクレジットカードの現金化のメリット&デメリットについてをご紹介しましょう。
最近注目されている現金化ですが、一体何が良くてこんなに利用者が増えているのでしょうか。
またクレジットカードの現金化を利用するにあたってのシビアなデメリットについても併せてご紹介しておきます。

メリットとデメリットをじっくりご覧になって、クレジットカードの現金化を利用するか否かをご決断くださいね。

クレジットカードの現金化によるメリット

クレジットカードの現金化によるメリットは、審査がいらないことですね。
審査をせずにどんな人でも例え借金がたくさんあり、ブラックリストに名前を連ねている人でも、お金を借りることができます。
クレジットカードさえ持っていれば、誰でも現金をゲットできる方法なのです。

またクレジットカードの現金化はスピーディーにお金を借りられます。
先ほどお話したように、審査がないのでその分現金を振り込んでもらうスピードが速く、短い時間でお金を手に入れることができます。
いち早くお金を借りたいなら、クレジットカードの現金化の方がメリットが大きいでしょう。

おまけに消費者金融と違って、お金の返却の遅延により金利が徐々に上がっていくことがないので、その点も安心ですね。

クレジットカードの現金化によるデメリット

クレジットカードの現金化は今は法律違反になりませんが、今すごく問題視されているので、この先いつ法律が変わり、違反行為になるか分かりません。
今はクレジットカードの現金化で捕まることはないけど、将来は捕まってしまうリスクがあります。
それくらい危ないリスクのある行為というところはデメリットです。
これが気になる人は気になるのではないでしょうか。

またクレジットカードの現金化は、選択した業者によっては現金を振り込んでもらえない詐欺被害も複数出ています。
そういったリスクもあることを覚悟しておきましょう。
クレジットカードの現金化を利用の際はいくらかの手数料が取られますし、それに加えて返済期間が長引いてしまうとクレジットローンの金利が発生します。
クレジットカードを使った分の返済をしないでいいことは勿論なく、最終的には借りた現金+手数料分(+クレジットローンの金利)を返済しなければいけなので、気を付けてください。

関連記事⇒クレジットカード現金化のメリットは何?便利だけどデメリットもあるの?

消費者金融のメリット&デメリット

消費者金融と聞くと、ちょっとやくざなイメージがありませんか。
借金が積み重なって利用するのが怖いという印象がありますよね。
では、消費者金融のメリット&デメリットについても熟知していただきましょう。

クレジットカードの現金化と消費者金融だったら、どっちがより利用しやすいか、じっくり見比べてご判断ください。

消費者金融利用のメリット

消費者金融のメリットは、安心して利用できるところです。
消費者金融は賃金業法という法律の上で利用されている、融資です。
ですから利息についても上限がいくらまでと決まっており、ありえない金額の利息が発生することはありません。
比較的正規の方法で、安全なお金の借り方ができるのです。

またメリットとしては、初めての利用者は30日間だけ無利息でお金を貸してくれる消費者金融もあり、かなりお得に一時的にお金を借りることができます。
そのようなサービスを行っている消費者金融であれば、まったく利息を取られずにお金を借りることも可能なのです。

30日以内という短い期間でお金を返す宛があるとするなら、このサービスをしている消費者金融が一番安心ですね。
消費者金融の利用ならそれほど不安感やもやもや感を感じることなく、お金が借りられて安心できるでしょう。

消費者金融利用のデメリット

消費者金融のデメリットは、長い間お金を借りると、どんどん借金が積み重なって下手をすると返却できなくなってしまうことです。
さすがに闇金ほどひどくはなく、利息は法律上、15%~20%。
しかし決まった期間にお金を返すことができなかった場合、遅延金を請求されます。
この遅延金はほとんどが20%くらいになっており、遅延すればするほど借金が積み重なって増えていくのです。
返却が遅れれば遅れるほど、利息は積み重なってしまいます。

さらに利用するにあたり、お金を貸して大丈夫かの審査が設けられており、返却能力があると認められない限りこの審査に通ることはできません。
審査が通らなければ、お金が借りられないのです。
借りられたとしても、返却能力に見合ったお金しか受けとることができないので、その点でも満足できないかもしれません。
消費者金融はこのようにしっかりしたルールがあり、さまざまなデメリットも備えているのです。

どっちがおすすめ!?お勧めするタイプをご紹介

クレジットカードの現金化と消費者金融ですが、じっくり比べてみてもそれぞれ長所と短所があり、利用する人によってどちらがいいかは変わりますね。

では具体的にどんな人にはクレジットカードの現金化をおすすめし、どんな人には消費者金融の利用をおすすめするのがご紹介しておきましょう。
これを参考に、どちらを活用してお金を借りるのか選んでください。

審査に通りそうにないor迅速にお金が必要な人はクレジットカードの現金化がおすすめ!

借金地獄に陥っている、もしくは借金のせいでブラックリストに載ったことがあり、審査に通らないという人は、迷わずにクレジットカードの現金化をご利用ください。
ここまで来てしまったら、消費者金融でお金を借りることができないので、こちらを選ぶしかありません。

また審査をする暇がないくらいお急ぎの用があり、お金が必要な人もクレジットカードの現金化がおすすめです。
審査いらずで素早く現金を借りることができるので、このような方にもクレジットカードの現金化をおすすめしますね。

時間にゆとりがある&短期で返済する宛があるor安心してお金を借りたいなら消費者金融がおすすめ!

現金を借りたいけど、急いでおらず時間に余裕がある方は消費者金融をおすすめします。
しっかり審査して後のお金を借りるゆとりがあるのなら、消費者金融で十分間に合うでしょう。
また初めての方だと30日間無利息で借りれるサービスがある場合もあるので、短期でお金を返済する宛がある人も消費者金融をおすすめします。

それから消費者金融は、比較的罪悪感を感じることなく利用できるお金の借り方でもあります。
クレジットカードの現金化のようなリスクのある行為をするのをできるだけ避けたい、真面目なタイプの方には消費者金融の方が利用しやすいのではないでしょうか。

まとめ

今のあなたにはどちらがより合ったお金の借り方なのか、じっくり考えてみてください。
消費者金融は闇金とは違います。
法律に基づいた金利が発生し、闇金のような恐ろしい金利を吹っ掛けられることはありませんので、ご安心ください。

ですからお急ぎではなく、正規の方法でお金を借りたいのであれば、消費者金融をおすすめします。
ただ利息は高いので、ご注意くださいね!何らかの理由で、どうしても消費者金融でお金を借りられない、またはすぐにでも手元に現金がいるのであれば、クレジットカードの現金化をお選びください。