全国都道府県別のクレジットカード現金化業者まとめ!

借金以外の方法で現金を用立てたい、そんな時に使える方法が、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方です。
専門の業者を使えば、誰でも手軽に現金化できます。
全国にあるクレジットカード現金化業者の特徴、利用するメリットやデメリットを一緒に見ていきましょう。

都道府県別で現金化業者を探す

北海道・東北
北海道青森岩手宮城 |  秋田山形福島

関東
東京 神奈川埼玉千葉茨城群馬栃木

北陸・中部
愛知静岡新潟長野岐阜三重石川富山山梨福井

近畿
大阪兵庫京都奈良滋賀和歌山

中国・四国
岡山広島鳥取島根山口徳島香川愛媛高知

九州・沖縄
福岡佐賀長崎熊本大分宮崎 鹿児島 沖縄

全国都道府県のクレジットカード現金化業者には店舗型と無店舗型がある

クレジットカード現金化を行う業者は、全国各地に存在します。
街中に実店舗を構えて営業をする業者もあれば、店舗を構えずネット上だけで運営している業者も多くあります。
店舗型と無店舗型のどちらの業者にも、メリットとデメリットが存在します。
クレジットカード現金化の手続きを進める前には、それぞれの業者の特徴を知り、最適な方法を選んでいくことがおすすめです。

全国都道府県の店舗型現金化業者について

実店舗を構えて営業をするクレジットカード現金化業者には、様々なタイプの店が存在します。
クレジットカード現金化を専門的に行う業者だけでなく、金券ショップやリサイクルショップなども現金化に使える業者に含まれます。
そんな業者を利用するメリットやデメリットを、簡単に見ていきましょう。

店舗型のメリット

店舗型の業者を選ぶメリットは、業者の雰囲気をしっかり確認した上で、手続きの依頼ができるという安心感があることです。
ネットの場合は、店舗の様子などを確認することはできません。
そのため、安心できる業者を利用したいという場合は、店舗型の現金化業者を選んでおくと良いでしょう。

ネットが使えない人でも安心

クレジットカード現金化をしたくても、ネットがあまり得意ではない、そもそもネットを使えないという人もいるでしょう。
対面式のクレジットカード現金化業者であれば、ネットが全く使えないという人であっても、無理なく現金化の手続きを進めていくことができます。

詐欺の防止ができる

対面式で買取を行う業者であれば、大切な金券やブランド品などを、持ち逃げされてしまう心配がありません。
提示された査定額に納得できない場合は、その場で預けたアイテムを引き取り持ち帰ることができます。
詐欺被害を避けたい場合は、実店舗型の業者を選んでおくと良いでしょう。

口座を準備する必要がない

無店舗型の業者とは違い、店舗型の業者の場合、取引が成立すればその場で現金を受け取ることができます。
手続きのために、口座を準備する必要がなく、口座を持たない人でも利用が可能です。
振り込まれた現金を引き出しに行く手間もかからないため、1分1秒でも早く現金が欲しい場合は、店舗型の業者がおすすめです。

店舗型のデメリット

店舗型の業者にも、いくつかのデメリットがあります。
利用前には、デメリットを把握しておくことも大切です。

換金率が低い

店舗型の業者は、物件の賃料やスタッフの人件費など、運営上で何かと費用がかかることになります。
これらの費用は、換金の際の手数料などの形で差し引かれることになるため、無店舗型の業者と比べると、換金率は低めとなります。

店舗に出向く手間がかかる

店舗型の業者を利用する場合、店舗がある場所まで出向く必要があります。
自宅近くに店舗がある場合は、気軽に利用できますが、行動範囲に丁度良い業者がないという人もいるでしょう。
その場合は、移動だけで多くの手間と交通費がかかる状態となってしまいます。

カード停止のリスクが高い

店舗型の業者を使って現金化を行うためには、ギフト券やブランド品など、現金化を疑われるアイテムを購入する必要があるため、カード会社に疑われやすくなります。
現金化をしていることが発覚すれば、カードの利用停止などの措置が取られてしまうことは少なくありません。

全国都道府県の無店舗型現金化業者について

クレジットカード現金化業者の中でも、利用のしやすさで人気となっているのが、無店舗型の業者です。
メリットも多く、クレジットカード現金化をする際には、無店舗型を選ぶ人が増えてきています。
そんな無店舗型業者の特徴を、簡単に見ていきましょう。

無店舗型のメリット

クレジットカード現金化業者の中でも、無店舗型業者は、メリットの多さで注目を集めています。
無店舗型のメリットは、利用のしやすさや換金率の高さなどです。

24時間対応している

店舗型の業者の場合は、営業時間が限られていますが、無店舗型の業者は24時間営業の店も多くなっています。
全ての業者が24時間対応という訳ではありませんが、年中無休など利用しやすい業者が多めです。
そのため、無店舗型業者であれば、時間を問わず現金化の手続きを進めることができます。

自宅にいても取引ができる

無店舗型の業者のメリットは、店舗がある場所に出向かなくても良いことです。
全国どこからでも、自宅にいながら、クレジットカード現金化の手続きを進めていくことができます。
近くに現金化できる店舗がないという人でも、無店舗型業者であれば無理なく現金化を行えます。

換金率が高い

無店舗型業者は、立地条件が良い場所に店舗を構える必要がないため、賃料などのコストを大幅に削減することが可能です。
その分を、換金率に上乗せすることができるため、店舗型の業者と比べると、高い換金率を期待できます。

無店舗型のデメリット

メリットの多い無店舗型の業者ですが、いくつかのデメリットも存在します。
利用前には、どんなデメリットがあるか、しっかりチェックしておくことが大切です。

優良業者を見極めるのが難しい

無店舗型の業者は、どんな場所にありどんなスタッフが運営をしているかなど、実際の光景を目で見て確認することができません。
そのため、店舗型の業者と比べると、優良業者を見極めることが難しくなります。
安心して利用できる業者を探すためには、情報収集に力を入れておくことが大切です。

口座から現金を引き出さないといけない

無店舗型のクレジットカード現金化業者は、最短10分など、素早い対応をしてくれることで人気となっていますが、現金は口座振り込みという形で受け取ることになります。
実際の現金を手にするためには、ATMに出向く必要があるなど、多少手間がかかることになります。

自宅に購入した商品が届くことがある

クレジットカード現金化の手続きで購入した商品は、自宅に届く形が一般的です。
商品が届いたことによって、クレジットカード現金化の利用を、家族に知られてしまう可能性が生まれます。
家族にバレないように、クレジットカード現金化を行うためには、商品の受け取りをどうするかまで、しっかり考えておくことが大切です。

全国都道府県のクレジットカード現金化業者についてまとめ

全国都道府県にある店舗型、無店舗型のどちらの業者を選んだ場合でも、クレジットカード現金化を行うことができます。
ただ、店舗型か無店舗型かによって、換金率や安心感、現金を受け取るタイミングなど、様々な違いが出てきます。
どちらにもメリットとデメリットがあり、店舗型と無店舗型のどちらが良いかは人によって異なるものです。
これからクレジットカード現金化を行いたいと考えているのであれば、それぞれのメリットとデメリットを確認した上で、最適な業者を選んでいくことがおすすめです。