あなたに合った金策方法を10秒診断 >>

お金がない!そんな時に取るべき「マネ得式」金策方法まとめ|マネ得NAVI

クレジットカード現金化について知りたい方はまずこちら↓

【たった3問】あなたに合った金策方法を10秒診断!

診断チャート
A:クレカ現金化 B:後払いアプリ C:その他の金策 D:事業主向け

\7 月のおすすめ現金化業者はこちら!/

マイキャッシュバナー_累計人数

【PR】

マネ得NAVIってどんなサイト?

マネ得NAVIフッターロゴ

ラムオ
ラムオ

僕たちが、「マネ得」な情報をお届けします!

ウルフさん
ウルフさん

よろしくな!

  • お金がなくて、どうすればいいか分からない
  • 今よりもっと稼ぎたい!
  • クレジットカードや後払いを使ってお金を作りたい

マネ得NAVIでは、そんな声にお応えして、他では見られない「マネ得」な情報をたっぷりお届け!

最新の金策方法について、画像付きで分かりやすくご紹介します。

お金のトラブルを避ける方法も解説!

返済日が目前で現金がほしかったので、サイト上で申し込んだ。
すると、15万円のネックレスを購入すれば、10万円がキャッシュバックされるという画面が表示された。
画面から購入手続きを行い、代金の支払いはクレジットカード決済にした。
翌日、10万円が自分の口座に振り込まれ、数日後に子どものおもちゃのようなネックレスが届いた。一時的に現金が手に入ったが、後日、クレジットカード会社から15万円の請求があった。結果的には、借金が増えてしまったことに気づいた。

引用元:あいち暮らしWEB「消費者トラブル事例|クレジットカードのショッピング枠現金化」

現金化や後払いなど便利なサービスが増える一方で、契約をめぐるトラブルも後を絶ちません。

中には安全な業者だと思って契約したら実態は闇金だった…ということもあり、利用者が窮地に追い込まれる事例も発生しています。

マネ得NAVIでは、実際の裁判例などをもとに正確な情報をご紹介。

ただ利用をオススメするだけでなく、「本当に安全に、かつ迅速に利用できるのか」を徹底的に調査しています。

マネ得NAVIの記事一覧

マネ得NAVIのおすすめ記事一覧

ここからは、マネ得NAVIで人気の記事をカテゴリーごとに紹介していきます。

お金を作る

ラムオ
ラムオ

やばい、もうお金がない!こんな時、どうすればいいですか?

ウルフさん
ウルフさん

それならこの記事がオススメだぞ!

お金を作るカテゴリーの記事をもっと見る>>お金を作る_カテゴリーバナー

ギフトカード現金化

ラムオ
ラムオ

家に金券やAmazonギフト券があるんですけど、特に使う予定もなくて…

ウルフさん
ウルフさん

そんな時は、この記事を見てくれ!

ギフトカード現金化カテゴリーの記事をもっと見る>>ギフトカード現金化_カテゴリーバナー

クレジットカード現金化

ラムオ
ラムオ

クレジットカード現金化が初めてで、よく分からなくて…

ウルフさん
ウルフさん

まずはこの記事を読んで知識を付けてくれ!

クレジットカード現金化カテゴリーの記事をもっと見る>>クレジットカード現金化_カテゴリーバナー

後払いサービス

ラムオ
ラムオ

後払いサービスの仕組みや審査方法、

滞納してしまったときの対処法を知りたいです!

ウルフさん
ウルフさん

じゃあ、この記事で学ぼう!

後払いサービスカテゴリーの記事をもっと見る>>後払いサービス_カテゴリーバナー

後払いで買う

ラムオ
ラムオ

便利なサービス、後払いで使えないかな?

ウルフさん
ウルフさん

それなら、このカテゴリーの記事を読んでみてくれ!

後払いで買うカテゴリーの記事をもっと見る>>後払いで買う_カテゴリーバナー

現金化業者

ラムオ
ラムオ

ネットで評判のあの業者、本当に大丈夫かな?

ウルフさん
ウルフさん

ますはこの記事で業者の評判をチェックだ!

現金化業者カテゴリーの記事をもっと見る>>現金化業者_カテゴリーバナー

【闇】やってはいけない金策方法は?

やってはいけない金策方法

やってはいけない!危険な金策方法

  • 詐欺のUD(受け子・出し子)
  • 銀行口座の売買
  • 闇金・ソフト闇金
  • 運び屋
  • 携帯電話の名義貸し(MNP)

上記に挙げた金策方法は、どんなにお金が無くても、どんなに急いでいても手を出してはいけません。

少しだけなら…と手を出してしまうと、逆に途方もない借金を背負わされたりと、トラブルが次から次へとやってきます。

運び屋や銀行口座の売買を行った場合、例え実行から時間が経っていても犯罪グループの1人として逮捕されてしまうことがあります。

そうなった場合「お金が足りなくて仕方なく」「脅されてやった」といった言い訳は通じません。

犯罪グループもそうなることをあらかじめ想定して、同意を取る契約書や利用するまでのやり取りを残していることがあるからです。

最悪の事態になってしまう前に安全な金策方法を模索したり、どうしてもダメなら弁護士や自治体に相談するなど、自分の身を守る行動を取りましょう。

タイトルとURLをコピーしました