あなたに合った金策方法を10秒診断 >>

【ビットコイン現金化】3つの換金方法と“損しない”取引のコツ

ビットコインは即日現金化できる? お金を作る
ラムオ
ラムオ

仮想通貨を所有している方の多くは、代表的な仮想通貨である「ビットコイン」もお持ちでしょう。

 

どうしても今すぐお金が必要なとき、ビットコインをスピーディに現金化できたらありがたいですよね。

 

ビットコインをもっとも早く、お得に換金するその方法とは?

ビットコイン現金化に関するQ&Aまとめ >>

インターネット上で取り引きされる仮想通貨のひとつ、ビットコイン。

投資目的で所有する人も多いこのビットコインですが、いざというときは換金して現金化することも可能です。

ここではビットコインをお得かつスピーディに換金する方法と、損をしないための現金化タイミングの見極め方税金対策方法などについて詳しくご紹介します。

ビットコインを換金する3つの方法ビットコイン換金方法 ビットコインを現金化するタイミングはいつ?現金化のタイミングは?
マイキャッシュ24
マイキャッシュ24現金化

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪
※クレジットカードをご用意ください※

【マネ得な情報を定期配信!】

LINE友だち追加

サイトには書けない金策方法を配信中!

ビットコインを現金化するには?3つの換金方法とそれぞれの手数料

ラムオ
ラムオ

仮想通貨のビットコイン、

どうやって日本円に換えればいいんですか?

ウルフさん
ウルフさん

いくつかやり方があるから、自分に合ったものを選んでくれ。

仮想通貨のビットコインを現金化する方法は、主に以下の3つです。

それぞれの具体的な手順やかかる手数料を、メリット・デメリットにも触れながらご紹介しましょう。

1. 仮想通貨取引所で日本円に交換し、出金する

ビットコイン取引所で現金化

ウルフさん
ウルフさん

ビットコインの現金化でもっとも一般的なのは、

仮想通貨取引所で売却する方法だな!

ラムオ
ラムオ

ポピュラーな方法なので安心ですけど、

即日での現金化は難しいんですね…

ビットコインを現金化する方法としてもっとも一般的なのは、GMOコインやCoincheck、bitFlyerといった仮想通貨の取引所で日本円にて売却し、それを出金するというやり方です。

具体的な現金化手順は取引所によっても異なりますが、一般的には以下のような流れで手続きを行うケースが多いでしょう。

  1. 仮想通貨取引所のサイトから、売りたいビットコインの数量と価格を指定する
  2. ビットコイン相場が指定価格になり、買い注文が入れば売買が成立(約定)
  3. 入金された日本円を、指定の銀行口座へ出金する

なお、1~2までの手順が完了するのは翌日~翌々日になることが多いため、即日で現金化を目指すなら上記の取引所形式ではなく「販売所形式」で売却してしまう手段もあります。

販売所形式の場合、1で指定するのは手放すビットコインの数量のみ。価格はそのときの相場が即時に適用されるため、よりスピーディな取引が可能です。

ただ、数量・金額を指定する取引所形式と比較すると、数量のみを指定する販売所形式の取引は取引所へ支払う手数料(スプレッド)が高くなる傾向も。

取引所によっては出金時にも200円~700円程度の手数料が必要になりますから、できる限り必要コストを抑えたいなら取引所形式を選択するか、販売所形式でも出金手数料は無料になる取引所を選ぶのがよいでしょう。

取引所利用のメリット ・初心者でも簡単かつ安全に現金化できる
取引所利用のデメリット ・取引時や出金時に手数料がかかる
・着金するまでに2日程度の時間が必要

GMOコイン公式サイトはこちら >>

2. ビットコインATMから直接現金として引き出す

ビットコインATMで現金化

ラムオ
ラムオ

ビットコインATMなら、即日で現金化が可能なんですね!

ウルフさん
ウルフさん

ただし、手数料の高さや

「そもそも今は日本に設置されていない」などの注意点があるぞ…

そして状況によっては、ビットコインの現金化に「ビットコインATM」が使えるかもしれせん。

ビットコインATMとは「24時間365日ビットコインの取引が行える端末システム」のことで、アメリカやカナダなどを中心とした世界71か国に1万台以上が設置されています。

主な利用の手順は以下の通りです。

  1. 氏名・住所などの情報を登録し、指紋やSMSで個人認証を行う
  2. ATMに表示された送金先のQRコードを読み取り、ビットコインを送る
  3. 送金したビットコイン相当額の現地通貨を受け取る

残念ながら現在日本に設置されているビットコインATMはないものの、中国など近隣諸国には数多く設置されており、利用すれば即ビットコインを現地通貨で出金できるため、出張などで海外へよく訪れる人には有効な現金化方法となるでしょう。

ただし利用手数料は場所によって出金額の2%~10%程度と高めに設定されており、この点がATM利用の大きなデメリットとなっています。

ATM利用のメリット ・即日でビットコインを現金化できる
ATM利用のデメリット ・2022年現在、日本に設置されているATMはない
・手数料が他の方法と比較しても高め

3. 個人間取引でビットコインを売却する

ラムオ
ラムオ

ウルフさ~ん!ネットで仮想通貨の個人間取引が募集されてたんですけど、

これってどうなんですか?!

ウルフさん
ウルフさん

取引所へ支払う手数料を節約できるが、

信頼性は低いのが正直なところだな。

実は、ビットコインなどの仮想通貨は取引所を通さず、以下の手順でウォレットから直接個人間の売買を行うことによる現金化も可能です。

  1. 取引相手を見つけ、相手のウォレットへビットコインを送金する
  2. 自分が指定した銀行口座へ代金を日本円で振り込んでもらう

この方法では販売価格を双方の合意のもと自由に設定できるうえ、取引所へ手数料を支払う必要もないため換金コストを最小限に抑えることができます。

一方で、信頼できない相手と取引すると「ビットコインを振り込んだのに現金が送られてこない」などのトラブルに発展する恐れも。

この方法には一定のリスクがあることを承知の上で、友人など確実に信用できる相手と取引する場合にのみ利用するのがよいでしょう。

ちなみに、仮想通貨の取引所ではないにも関わらず仮想通貨を両替できると謳う仮想通貨両替商、いわゆる「仮想通貨の現金化業者」も、国内に一部存在しています。

しかし、現在日本には仮想通貨両替商で金融庁登録を受けている業者はないため、もしこれらの業者を見かけてもそれらはすべて「違法、もしくは限りなく違法に近い業者」だと心得て、利用は避けるようにしてください。

個人間取引のメリット ・取引所に支払う手数料を節約できる
個人間取引のデメリット ・詐欺などのトラブルに発展するリスクがある

ビットコインを日本円に換金するなら「電子マネー」へのチャージもアリ

ラムオ
ラムオ

ビットコインを現金化するのって、なんだか面倒なんですね…

ウルフさん
ウルフさん

必ずしも現金にする必要がないなら、

電子マネーにチャージするのもおすすめだぞ!

ビットコインを必ずしも現金化する必要がなく、「買い物などに使える日本円へ換金したい」という目的だけなら、au WALLETなどの電子マネーへ日本円としてチャージする方法もおすすめです。

仮想通貨交換所「DeCurret(ディーカレット)」のアプリを使えば、ビットコイン以外にもビットコインキャッシュやイーサリアム、ライトコイン、リップルの電子マネーチャージが可能。

送金先は先述したau WALLETのほか楽天Edyとnanacoギフトが選択でき、簡単な操作で日本円への換金からチャージまでが365日、即日で完了します。

手数料は1回あたり税込み110円ですが、3,000円以上のチャージでは無料になるのも大きなメリットです。

ビットコインとイーサリアムなど複数の仮想通貨の端数を組み合わせて電子マネーにチャージ、といった使い方も可能なので、換金目的によっては利用を検討してみてはいかがでしょうか。

換金率で損しない!ビットコインをお得に現金化できるタイミングはいつ?

ビットコイン現金化は値動きが落ち着いた時がベスト

ラムオ
ラムオ

うーん、現金化の方法はわかったんですが、

損しない換金のタイミングを選ぶのが難しそうです!

ウルフさん
ウルフさん

そうだよな。とりあえず、

・値上がりが落ち着いたとき

・仮想通貨関連の大きなニュースがあったとき

この2つのタイミングを基準に考えてみろ!

常に変動するビットコイン相場ですが、できる限り損のない現金化を実現するためには、以下のタイミングでの取引を狙うのが効果的です。

それぞれ、理由と詳しいタイミングの見極め方をご説明しましょう。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24現金化

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪
※クレジットカードをご用意ください※

ビットコインの値上がりが落ち着いた瞬間

ビットコインはチャート分析が重要

ビットコインの現金化で損をしないためには、チャートで「価格上昇が落ち着いたタイミング」を狙うのがおすすめです。

チャートとは、ビットコインなど仮想通貨の相場の推移を示した表のこと。

1分毎・5分毎・10分毎・30分毎・1時間毎・4時間毎・1日毎・1週間毎・1ヵ月毎でまとめたものがそれぞれ発表されています。

このチャートを随時確認し、ビットコインの相場が上がったときに売るのが大前提になるのですが、グラフの上昇率が高いうちは特に相場の変動が激しく、突然の大暴落にも警戒しなければなりません。

そのため、グラフの上り幅が比較的ゆるやかになり、値上がりがいったん落ち着いた・相場が安定したと考えられる瞬間に現金化するのが安心、という考え方になるのです。

ラムオ
ラムオ

そんなに細かく!それなら出金のタイミングも調整できそうです!

ウルフさん
ウルフさん

万が一暴落するようなタイミングがあっても、

すぐに出金できれば大きな損をしないで済むからな。

仮想通貨関連の大きいニュースが発表された直後

ビットコインに大きなニュースがあるとき

ビットコインの換金で損をしないためには、相場が上がった時期を狙って売るのはもちろん、相場が急落する前に売り抜くという戦略も重要です。

その判断の参考となるのが、仮想通貨関連の大きなニュース。

たとえば、2018年に仮想通貨取引所であるコインチェックでネム(NEM)およそ580億円分がハッカーによって盗まれるという事件が発生した際には、ネムだけでなくビットコインなど他の仮想通貨の価格も一時大きく下落しました。

このように仮想通貨へマイナスな印象を与えるニュースがあった直後にはしばらく価格の下落が続くと予想し、底値へ至る前に売り抜く判断をするのが賢明かもしれません。

今後相場がどう変化するのか、ビットコインに限らず仮想通貨全体のニュースをくまなく収集し、動向を予測できるようにしておくことが重要だと言えるのですね。

ラムオ
ラムオ

ビットコインだけじゃなく、仮想通貨界隈全体の情報が重要なんですね!

ウルフさん
ウルフさん

そういうことだ!しっかりアンテナを張っておけよ。

【重要】ビットコインの現金化は“税金”にも要注意!

ビットコインにかかる税金

ビットコインを現金化する際には、手数料のほかに税金が発生することも知っておかなければなりません。

ここからは、少々頭の痛い“税金”に関する、知っておくべき知識について解説していきましょう。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24現金化

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪
※クレジットカードをご用意ください※

ビットコインの換金時には所得税が発生する

ラムオ
ラムオ

持っているビットコインの価格がどんどん上がって嬉しいんですが、

これってもしかして税金が大変なことになりますか…?

ウルフさん
ウルフさん

実はな、ビットコインは換金するまで税金がかからないんだ!

ビットコインを現金化した際、ビットコインの購入時よりも相場が上昇していれば、購入価格よりも売却価格が上回り、そこに利益が発生しますよね。

ビットコインのまま持っているだけではいくら相場が上がっても課税されませんが、この利益が確定した瞬間、つまりビットコインを日本円に換えた瞬間に、その利益に対しては一定の所得税が課せられるのです。

ただし、ビットコインを現金化した際に利益が発生しなかった場合(売却価格が購入価格を下回った場合)には、日本円へ換金したとしてもそこに税金は発生しません。

税率はどのくらい?課税額の計算方法

ビットコインの現金化でかかるお金

所得税は、ビットコインで得た利益だけでなく、会社からの給与やその他の収入と合わせた総所得から計算されます。

その具体的な計算式は以下の通りです。

所得税額 = (総所得金額 – 所得控除額) × 税率 ー 税額控除額

まず、総所得とは仮想通貨の取引で発生した利益と損失を年間で通算した「雑所得」へ、その他の給与収入などを加えたものを指します。

そして総所得から所得控除の金額を引いたものが「課税対象の所得」です。

所得控除の金額とは、基礎控除や配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除などさまざまな所得控除を合計したもののこと。

つまり、

  1. 総所得から所得控除額を引き、
  2. 残った課税対象の所得に応じた税率をかけ、
  3. そこからさらに課税対象所得に応じた税額控除額を引いたもの

所得税の総額になる、という考え方です。

課税対象の所得に応じた具体的な税率と税額控除額は、以下の通りとなっています。

課税対象の所得額 税率 税額控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

たとえばビットコイン現金化で得た利益に給与所得等を足した総所得が500万円、そのうち基礎控除などで所得控除できる金額が100万円分あるとき、課税対象となる所得は「500万円 ー 100万円 = 400万円」です。

課税対象所得が400万円のときにかかる税率は20%、税額控除額は427,500円ですから、「400万円 × 20% ー 427,500円 = 372,500円」が年間の所得税額となるのですね。

加えて、上記で求めた課税対象の所得額の10%が住民税としても加算されます。

ラムオ
ラムオ

ええっ、住民税まで!?

ウルフさん
ウルフさん

これはかなり痛いな…!

ビットコインを現金化したときやっておきたい2つの節税対策

ラムオ
ラムオ

税金が発生するのは仕方ないにしても、

なんとかもう少し抑えられないでしょうか?

ウルフさん
ウルフさん

それなら、ふるさと納税がおすすめだな。

あとはちょっと大変だが、海外に移住するってのもあるぞ!

ビットコインの現金化で発生する税金は、利益が大きくなればなるほどその負担も大きくなります。

そこでここでは、現金化で利益が発生したときに使える節税対策を2つご紹介しましょう。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24現金化

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪
※クレジットカードをご用意ください※

ふるさと納税を使って寄附する

ビットコイン節税①ふるさと納税

ふるさと納税を使い、納税額の一部を返礼品として受け取れば、結果的に税金として支払った金額を抑えられた、と考えることもできます。

ふるさと納税とは、寄付金額の3割以内の返礼品を受け取ることができ、さらにその寄付金額分の所得税が減免されるという仕組みです。

寄付をするためには「ふるさと納税サイト」の利用がセオリー。
とくにオススメは「ふるさとプレミアム」です。

「ふるさとプレミアム限定企画」として、「Amazonギフト券コード」キャンペーンが定期的に行われている点も見逃せませんね。

提示されている企画の一部を抜粋しましょう。
たとえば、岐阜県可児市の「ふるさと納税応援プロジェクト」ならば、寄付額に対して20%分の「Amazonギフト券コード」が付与されます。

さらに寄付された人全員に「飛騨牛」が贈られるからたまりません。

ほんの一例ながら、ものすごくお得だと思いませんか?
寄付額相当分の納税を免除してもらえて、しかも「Amazonギフト券コード」や「牛肉」がもらえるのですよ。

この可児市「ふるさと納税応援プロジェクト」では、寄付額設定として「30,000円」「50,000円」「100,000円」「300,000円」「500,000円」「1,000,000円」を用意しています。

贈られる「飛騨牛」ランクは寄付額で変動。
「30,000円」ならば「飛騨牛切り落とし(500g)」ですが、「1,000,000円」寄付ならば「伊勢神宮外宮奉納飛騨牛(A5等級セット5.7kg)」が贈られます。

まさに大盤振る舞いですね……。

ラムオ
ラムオ

飛騨牛が5.7キロ…!?や、やばい~!

ウルフさん
ウルフさん

パーティー開ける量じゃないか…!まあ、100万円規模だからな。

海外へ移住する

ビットコイン節税②海外に移住

所得税など、課税される税額が非常に低い、もしくはゼロの国へ移住してしまうというのも究極の税金対策だと言えるでしょう。

ここでは、海外への移住が節税になるケースとは具体的にどんなものかを考えてみます。

まず、資産が1億円以上ある場合に移住する場合には、「出国税」がかかることに。
さらにビットコインの現金化による利益確定を日本国内でおこなうと、日本の税率摘要を免れることはできません。

これらを払わずに海外移住をすると、「無申告加算税」や「不納付加算税」などのペナルティが発生して、税金対策どころか重い加算税に苦しむこととなります。

ただし、日本での納税分をクリアして、生活拠点を完全に海外へ移せば話は別。
「非居住者」と判断されれば、「所得税」「住民税」「健康保険料」「国民年金」を収める義務から解放されます。

前述のとおり、日本国内で1億円近くの利益があった場合には、45%の「所得税」と10%の「住民税」がかかります。

単純に比較するわけにはいきませんが、「シンガポール」では所得税率の最高は20%。
さらに住民税がなく、いくら稼いだとしても20%分を税として納めればよいことに。
日本とかなり違いますね……。

ここで非居住者として認められるための条件を列記しましょう。

  • 1年以上日本に滞在しないこと。
  • 日本に住所がないこと。
    (1年以上日本に居住しなければならないような労働契約や労働実績がないこと)
  • 生計を一にする配偶者その他の親族が日本にいないこと。

注意したいのは、住民登録の有無は関係ない点。
住民票を抜けば非居住者とされるわけではありません。

また、移住先の国それぞれに法律が存在します。

税率が著しく低くてもその他の面でデメリットが大きいこともあるため、事前の情報収集を怠らないようにしてください。

ビットコインの現金化を匿名で行うことはできる?

ビットコインは匿名で現金化できる?

ラムオ
ラムオ

ビットコインの匿名性を利用して、

バレないクレカ現金化はできないものでしょうか?

ウルフさん
ウルフさん

いいところに目を付けたな!

クレジットカードを使える海外の取引所なら可能だ!

現金化する際に限らず、ビットコインの取引を完全匿名で行うことは残念ながらできません

個人の持つ「ビットコインアドレス」さえわかれば誰でも取引履歴を追跡できるうえに、ビットコインを法定通貨へ換金する際にはそのビットコインアドレスに紐づく身元を明かす必要があるため、というのがその理由です。

しかし、クレジットカード現金化の手段としてビットコインを利用するのは、「現金化に使ったという事実がカード会社にバレにくい」という意味でおすすめできます。

クレジットカード決済が使える国内の仮想通貨取引所は残念ながら存在しないものの、欧州最大級の「Bitstamp(ビットスタンプ)」や中国大手の「Binance(バイナンス)」など、海外の取引所であればクレジットカードで仮想通貨を購入できるケースもゼロではありません。

それらの取引所を利用し、クレジットカードでビットコインを購入。それを日本円に換えるという方法なら、非常にバレにくいクレカ現金化を実現することができるでしょう。

対応しているカードのブランドは主に「VISA」と「MasterCard」の2種類。

もしこれらのカードを持っているなら、相場によっては非常に高い換金率のクレジットカード現金化が叶うかもしれませんよ。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24現金化

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪
※クレジットカードをご用意ください※

Q&Aで解決!ビットコイン現金化に関するよくある疑問

ラムオ
ラムオ

いろいろ説明してもらったんですが、

なんだかややこしくて頭が混乱してきました…

ウルフさん
ウルフさん

よし!それじゃあ最後に、これまでのおさらいも兼ねて

重要なポイントをまとめて解説するぞ!

最後に、ビットコインの現金化に関するよくある疑問とその回答を、Q&A方式でまとめてご紹介しましょう。

ビットコインはどうやって現金に換えればいい?

ビットコインを現金化する方法には、主に以下の3つが考えられます。

このうち、もっとも現実的かつ安全性が高いのは、仮想通貨取引所を用いたやり方です。

ビットコイン以外の仮想通貨も現金化できる?

ビットコイン(BTC)のほか、イーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)なども、仮想通貨取引所を通じて現金化することが可能です。

ビットコインの換金はいくらから可能?

主な仮想通貨取引所ごとの、ビットコイン取引の最低取引金額は以下の通りです。

取引所名 最低取引金額
コインチェック 500円相当
GMOコイン 0.0001BTC
DMMビットコイン 0.0001BTC
ビットフライヤー 0.00000001BTC~
ビットバンク 0.00000001BTC~

ビットコインの相場にもよりますが、たとえば1BTCが500万円だった場合、「0.0001BTC = 500円」程度から取引できると計算できます。

現金化できるビットコインに上限はある?

取引所のルールにもよりますが、ほとんどの場合ビットコインの取引額・出金額に上限はありません

ただし、取引所によっては1日あたり1,000万円~5,000万円程度の上限を設けていることがあるため、まとまった金額の現金化を考えているならあらかじめ利用規約をよく確認しておきましょう。

また、出金申請の金額によっては着金日に違いが生じるケースがあります。

たとえば「ビットトレード」では、200万円未満の出金申請に対しては即日の着金が可能ですが、200万円以上ならば翌銀行営業日、1000万円以上の申請に関しては翌々営業日の着金になるようです。

ビットコインATMの日本国内の設置場所は?【2022年現在】

2022年8月現在、日本国内に設置されているビットコインATMはありません

以前は福岡県などにビットコインATMが設置されていましたが、2018年4月にそれらのサービスはすべて停止されています。

なお、日本を含め、現在設置されているビットコインATMの場所は以下のサイトから確認することが可能です。

Coin ATM Radar(外部サイト)

まとめ:ビットコインを現金化するなら「仮想通貨取引所」での売却がベター

ビットコインは取引所利用がオススメ!

ビットコインの現金化には「仮想通貨取引所での換金」や「ビットコインATMの利用」、「個人間における直接取引」などの方法が使えます。

ただ、利便性や安全性を考慮すると、GMOコインやコインチェックなどの仮想通貨取引所を用いた方法がもっとも適切だと言えるでしょう。

ビットコインを現金化する際には、相場動向を見極める以外にも、売買による利益が確定した段階で所得税などが課税される点などに注意が必要です。

金額によってはふるさと納税などの節税対策を行いながら、できる限り損失を抑えた現金化を実現できるよう工夫してくださいね。

もう一度ビットコインの現金化方法を見る >>

ラムオ
ラムオ

ビットコインを現金化するなら、取引所が一番ってことですね!

勉強になりました!

ウルフさん
ウルフさん

おう!参考にしてみてくれ。

タイトルとURLをコピーしました