あなたに合った金策方法を10秒診断 >>

クレジットカード現金化はなぜバレる?疑われたときの対処法を解説

ラムオ
ラムオ

クレジットカード現金化って、バレるとどうなるのでしょうか?

そもそもなぜバレるのかも不思議ですよね。

カード会社から突然電話がかかってきても、焦る必要はありません!
現金化を疑われないために使える言い訳&対策方法とは?

クレジットカード現金化は今すぐ現金が必要なときに便利な手段ですが、一方でカード会社の規約に違反する行為であることは忘れてはなりません。

カード会社に現金化を疑われたとき、うまくペナルティを回避する方法はあるのでしょうか?

ここでは突然かかってくるカード会社からの電話に対応する方法を、現金化がバレる仕組みや、そもそも疑われないためにできる対策と合わせて詳しくご紹介します!

\バレずに安全にクレカを現金化できる優良業者/

ランキング1位王冠ゼロスタイルランキング2位王冠マイキャッシュ24
ランキング3位王冠ペイチェン
ゼロスタイル_横長バナー_001マイキャッシュ_キャリア決済_横長バナー_001ペイチェン_横長バナー_001
最大換金率は業界随一の99.2%
申込みから入金までスマホで完結♪
運営実績16年以上でクレーム0件!
スマホ完結・後払いアプリも対応
換金率90%・最短3分で即日入金!
安心・安全に即日現金化♪
クレカ全ブランド対応!
最短3分で即日現金化!
全国どこでも利用OK♪
最大換金率  99.2%
入金スピード 最短5分
最大換金率  90%
入金スピード 最短3分
最大換金率  90%
入金スピード 最短10分
対応決済クレジットカード対応決済 ・キャリア決済
 ・クレジットカード
 ・後払いアプリ
対応決済 ・キャリア決済
 ・クレジットカード
 ・後払いアプリ
営業時間9:00~20:00(年中無休)
WEBは24時間受付
営業時間7:00~22:00(土日祝営業)
毎月1日は24時間営業
営業時間9:00~22:00(土日祝営業)
毎月1日は24時間営業
公式サイト公式サイト公式サイト

\タップで詳細に飛びます!/

この記事を書いた人

男性ライターアイコン1

ライター マツダ

日本FP協会FP技能検定3級を所持。自らもお金に苦しんだ経験から、お金が無くて困っている人に役立つ情報をお届けします!

ライターマツダが執筆した記事一覧 >>

ゼロスタイル
ゼロスタイルバナー001

\最大換金率99%!即日現金化OK/

最大換金率99%
手数料・診断料・見積もり料がぜーんぶゼロ!
■換金率:85~90%
■入金スピード:最短5分で振込み
■営業時間:年中無休!24時間受付

【マネ得な情報を定期配信!】

LINE友だち追加

サイトには書けない金策方法を配信中!

クレジットカード現金化がバレる仕組み

クレジットカード現金化がばれる原因
クレジットカードの現金化がバレる最大の原因は、毎月の使用頻度と明らかに違う、金券など換金性の高い商品をまとまった金額で購入するような「通常のショッピングではあまり考えられないカードの使い方」をすることです。

このような不自然なカード利用の実績はカード会社のシステムにより自動検知される仕組みになっており、膨大な履歴の中からも見落とされることはほぼありません。

検知された不自然な利用履歴のうち、カード会社側が特に怪しいと感じた履歴については、確認の電話がかかってくるなどの対応が行われます。

そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為はカード会社の規約で禁止されていますから、その取り締まりもしっかりシステム化のうえ実施されているということですね。

ただ、高額の金券を購入したにも関わらず何の反応もなかったり、逆に普通のショッピング利用だったのに確認の電話が入ったりと、実際の対応は人によってさまざまです。

その理由のひとつとして考えられるのが、これまでのカードの利用方法。

たとえば以下のような使い方に心当たりのある人はカード会社にマークされていることが多く、通常の利用でもクレジットカードの現金化が疑われやすくなってしまうでしょう。

クレジットカード現金化が疑われる原因

  • キャッシング枠の限度額を使い切っている
  • 支払いを遅延したり延滞したりしている
  • 過去に何度も金券など換金性の高い同一商品を購入している

クレジットカード現金化を疑われたときの対処法3ステップ

クレカ現金化を疑われた時の対処法

では、実際にカード会社から現金化の疑いをかけられたときにはどう対応するのが正解なのでしょうか?

ここではカード会社の番号から確認の電話がかかってきたとき、クレカの利用停止などを回避するために実践すべき対処法を以下の3ステップに分けてご紹介します。

1:電話は無視せず、必ず対応する

クレジットカードの現金化を実行したあと、カード会社から電話がかかってくると「現金化がバレたのでは?!」と不安になりますよね。

しかし、だからといって電話に出ないのは最悪の選択です。

カード会社からの電話を無視し続けると、最終的には弁明の余地なく自動的に強制解約へと至る恐れもあるのがその理由。

着信履歴を確認したら、まずはこの対処法に一通り目を通し、落ち着いて折り返すようにしましょう。

電話の内容はいきなり現金化を疑うようなものではなく、「第三者に不正利用されていないかどうか」の確認から始まります。

普段の使い方とは異なる利用を検知したため、利用者の資産の保全を図るという名目ですね。

会話を始めて早々責められるようなことはありませんから安心してください。

2:購入した商品について説明する

クレジットカード現金化を疑われたときの対処法 購入した商品について説明する
そして実際に電話へ出たら、以下の3点を明確に伝えて、不正利用ではないことと、現金化のための利用ではないことを説明しましょう。

  • たしかに自分が使った履歴であること
  • 何のために必要で、具体的には何を購入したか
  • その商品はどこで購入したか

不正利用ではない旨は、「自分が使った」と一言答えるだけで理解してもらえます。

しかしそれが現金化目的の利用だと疑われないためには、合わせて「なぜ、何を、どこで購入したか」の具体的な情報を淀みなく答えられることが重要になるからです。

現金化業者を利用した場合も、自分がどこで何を買ったのか把握し、それを買った理由までしっかり説明できるようにあらかじめシミュレーションしておいてください。

3:換金目的の購入ではないことを伝える

実際の電話では、相手から「ショッピング枠の現金化に使ったわけではありませんよね?」のように尋ねられるまで、自ら「現金化ではない!」と主張する必要はありません。

あくまで不正利用ではないという確認のために、上述した3つの情報を伝える形で話を進めるとよいでしょう。

ただし、相手から明確に現金化の疑いをかけられた際には、はっきりと「現金化目的の利用ではありません」と断言するようにしてください。

カード会社にわかるのは、あなたがクレジットカードを使って「現金化に使われやすい商品を購入した」という事実だけ。

それを実際に現金化へ使ったかどうかを判断する証拠はありませんから、カード会社に納得してもらうためには毅然とした態度で通常の買い物の範囲内で利用したことを伝えるのが大切なのです。

クレジットカード会社に通じる3つの言い訳

カード会社に通じつ3つの言い訳
とはいえ、特にクレジットカード現金化業者を利用し指定された商品を購入しただけの場合など、「何のために買ったのか」の説明がしづらいケースは多くありますよね。

そこで、ここではクレジットカード会社への言い訳に使える使用用途の例を3つご紹介します。

自分の状況に合うよう、うまくアレンジして活用してみてください。

プレゼントとして購入した

クレジットカード現金化を疑われたときの対処法 プレゼントとして購入した

Amazonギフト券などの金券や商品券、最新のゲーム機、人気のブランド品など、換金性が高く金額も大きい商品を購入したときには、

言い訳に使える例文

  • 友人へのプレゼントのために購入した
  • 忘年会など、仲間内のイベントの景品として購入した

のような言い訳が使えます。

たとえばAmazonギフト券とゲーム機の2つを現金化目的で購入していたなら、ひとつはプレゼント用、ひとつは景品用といったように、言い訳も2通り用意しておくのがよいでしょう。

自分が代表でまとめ買いした

続いて、新幹線の回数券などを現金化に使ったとき使える言い訳です。

言い訳に使える例文

  • 友人と旅行へ行くため、全員分を自分がまとめ買いした
  • 会社で出張が多く、いったん自分が立て替えた

などの理由であれば、あまりに頻繁に購入していない限り現金化を疑われることは少ないでしょう。

またこの言い訳は、上記と同じくAmazonギフト券などの金券や、高額な人気アイテムを購入した際にも応用できます。

たとえば「30万円分のAmazonギフト券」などひとりからのプレゼントとしては高額すぎると感じられる商品であっても、「同級生一同として贈るプレゼントを、自分が代表して購入した」と言えば不自然ではないはずです。

自宅に必要なものをネットで購入した

クレジットカード現金化を疑われたときの対処法 自宅に必要なものとして購入した

そして現金化業者を利用して家電製品やブランド品など普段買わないような商品を購入した場合は、言い訳として以下のような理由を伝えるのがよいでしょう。

言い訳に使える例文

  • 自宅で使っていた掃除機が壊れたので、ネットショップで買い換えた
  • 普段はブランド品を買わないが、たまたま見かけたネットショップで気に入ったので思い切って購入した

ポイントは「いつもとは異なる購買行動をした理由が明確に説明できているか」という点です。

たまたま気に入ったから、のようなあまり合理性のない言い訳でも、そこに矛盾がなければそれ以上追及されることはほとんどありません。

クレジットカード現金化がバレたらどうなる?

クレジットカード現金化がばれたらどうなる?

クレジットカード会社に現金化を疑われたら毅然とした対応をするべきであることはわかりましたが、もしそれに失敗して現金化がバレてしまったらどんなデメリットを被ることになるのでしょうか。

ここからは、現金化がバレたときの主なリスクを、よくある体験談も交えながら3つご紹介します。

クレジットカードが強制的に利用停止

クレジットカード現金化がバレたときのもっとも大きなリスクは、カードが強制的に解約となり、利用停止されてしまうことです。

クレジットカードの強制解約は自身の信用情報に大きな傷をつけるため、今持っているカードが使えなくなるだけでなく、今後しばらくは新たなクレジットカードを発行したり、ローンやキャッシングを利用したりすることまで難しくなる恐れがあります。

キャッシュレス決済が一般的になった現代で、クレジットカードを持てなくなるのはかなり厳しい処分だと言えるのではないでしょうか。

信用情報機関のブラックリスト(BL)に入ってしまいカードが作れなくなった人の体験談を調査してみると、普段の生活にはそこまで困らないものの、ETCが使えなかったり、クレジット決済にのみ対応している買い物ができなかったりする点で特に不便を感じている人が多いようでした。

利用料金を一括で返済請求される

クレジットカード現金化がばれたら? 利用料金を一括請求される
さらにもうひとつ、最悪の場合は即困窮にもつながる大きなリスクが「強制退会と同時に、それまでの利用料金(残債)を一括請求されること」です。

SNSでは、カードを強制退会された人によるこんな不安の声も見られました。

今後そのカードが使えなくなるうえに、本来ならば翌月や翌々月に支払えばよかったショッピング利用の料金を今すぐまとめて支払うよう求められるなんて、ただでさえお金に困っている状況では到底受け入れられない処分ですよね。

心配の声が上がっているリボ払いに加え、分割払いやキャッシングなどを利用していたなら、その残債も一括返済しなければなりません。

現金化を利用する際には、一括返済を求められるリスクに備えて、必要最低限の金額に留めておくなどの工夫が必要になりそうです。

自己破産ができなくなる恐れがある

クレジットカード現金化がばれたら? 自己破産ができなくなる恐れ
そして最後に、非常に大きな不利益を被るにも関わらず見逃されがちなのが「いざというときに自己破産できなくなる」というリスクです。

自己破産とは、膨らんだ借金でどうしても生活が立ち行かなくなったとき、裁判所へ申立てることにより持ち家などの財産を整理した上で借金の返済を免除してもらえる手続きのこと。

お金に困ったときの最後の手段とも言える選択肢ですが、実はこの自己破産を許可する条件のひとつが、破産法第252条第1項第2号により以下の通り定められています。

(免責許可の決定の要件等)
第二百五十二条 裁判所は、破産者について、次の各号に掲げる事由のいずれにも該当しない場合には、免責許可の決定をする。

~中略~

 破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利益な条件で債務を負担し、又は信用取引により商品を買い入れてこれを著しく不利益な条件で処分したこと。

引用元:e-Gov法令検索「破産法」

わかりやすく言うと、「お金に困ったとき、高い金利の借金や、クレジットカードで買った商品を買値以下の金額で安く売るなど著しく不利益な条件の金策をしたら、自己破産で返済義務を免責することはできない」という決まりです。

“クレジットカード現金化が破産手続きの開始を遅延させる目的で行われたか?”などの条件によっても、この要件が成立するかどうかは変わります。

そのため必ず自己破産できなくなるとは限りませんが、そのリスクが高いことはあらかじめ知っておくべきでしょう。

もしものとき困らないために、クレジットカードの現金化は絶対バレないよううまく対策することが重要だと言えますね。

合わせて、クレカ現金化を実行するならどうしてもの緊急事態に必要最低限の少額だけにする、本当に困っているなら実行前に弁護士にも相談してみる、などの選択肢も考慮したほうがよいかもしれません。

ちなみに、いざというときは個人再生や任意整理などその他の債務整理手段も検討できます。

過去にクレカ現金化がバレた経験があり心配になった人は、一度無料相談などを活用して専門家へ相談してみてくださいね。

クレジットカード現金化が違法に?!法改正の最新動向

クレジットカード現金化は違法?
クレジットカードの現金化を試したことのある方なら、検索エンジンで以下のような表示を見かけたことがあるかもしれません。

検索窓

「クレカ現金化」に続いて「違法」と表示されると、「もしかしてクレジットカードの現金化は違法なの?」と不安になってしまいますよね。

結論から申し上げると、クレジットカードの現金化は現時点では違法ではありません

カード会社の規約違反によりカードの利用停止や残債の一括請求といったペナルティを受ける恐れはありますが、法律違反で逮捕されるようなことはないので安心してください。

ただし、悪徳業者によるトラブルの増加などを背景に、10年ほど前から以下のような「クレカ現金化の取り締まりを行うべき」という意見も複数出ています。

今後法改正が行われる可能性はゼロではないため、動向を注視しておきましょう。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」について、現行法の範囲内においても現金化業者の取り締まりを行うなど適切に対処するとともに、早急に業としてこのような取引を行うことを直接規制する立法を行うことを検討すべきである。

引用元:東京弁護士会「クレジットカードのショッピング枠の現金化」に関する意見書

クレジットカード現金化を疑われないための3つの対策

カード会社にバレないための対策
カード会社から疑われたときの対処法はわかりましたが、バレたときのリスクなどを考慮すると、できればそもそも一切疑われることなく現金化を完了させたいものですよね。

ここからは、クレジットカード現金化を疑われないために注意するべきポイントを3つ、NG例と合わせてご紹介していきましょう。

クレカのキャッシング枠は残しておく

まず、現金化に使用するクレジットカードのキャッシング枠は使い切らず、一部でも残しておくことを心がけましょう。

キャッシング枠をすべて使い切っていると「この人はショッピング枠を現金化しようとするかもしれない」とカード会社から疑われる理由になるためです。

もしすでに限度額いっぱいまでキャッシングしてしまっている場合は、現金化をする前に一部でも返済しておくようにしてください。

特に、キャッシング枠の返済が間に合わないからといって同じカードのショッピング枠で現金を用意しようとするのは、ほぼ確実にバレるため絶対にNG。

自転車操業状態になるのは返済計画を立てる上でも好ましくないため、そこまで切羽詰まっている場合は現金化ではなく債務整理などの手段も検討するといいかもしれません。

換金性の高い同一商品を繰り返し購入しない

換金率の高い商品を購入しない

「換金性の高い商品ばかりを繰り返し購入しない」というのも、疑われにくくなる対策として有効です。

換金性の高い商品には、Amazonギフト券などの金券・商品券をはじめ、人気の高いブランド品、最新の家電製品・ゲーム機などの高額商品も含まれます。

特に新幹線回数券などは、購入額が大きく、その上高値で換金できるため疑われやすい商品のひとつ。

単品で購入すればまず現金化を疑われることはない家電製品等も、同じような商品を繰り返し購入していれば不自然だとみなされるため注意してください。

できれば何度も現金化を繰り返さないのがベストですが、どうしても必要なときは使い道の言い訳が通るさまざまなジャンルの商品を少しずつ購入するのがよいでしょう。

キャッシュバック方式の現金化業者を利用

クレジットカードの現金化方法には、大きく分けて買い取り方式キャッシュバック方式の2種類があります。

そしてカード会社の自動検知システムから逃れるためには、後者のキャッシュバック方式を採用している現金化業者を使うべきでしょう。

そもそも買取方式とは、Amazonギフト券など換金性の高い指定商品をクレジットカードで購入し、それをすぐ売却するという形で現金を得る手法のこと。

一方のキャッシュバック方式とは、衣料品や家電製品、パワーストーンなど指定された商品をクレジットカードで購入することにより、キャッシュバックとして現金を受け取る手法のことを指します。

つまりキャッシュバック方式は買取方式と比較して、物自体の価値はそこまで高くない、いわゆる「現金化がバレにくい」商品を購入するためおすすめだと言えるわけですね。

現金化業者は公式サイトでは現金化方法を明言していないケースがほとんどなので、SNSで口コミや体験談を探したり、実際に申し込みだけしてみたりなどの方法で具体的なやり方を確認してください。

バレにくいクレジットカード現金化業者3選

バレにくいのは?おすすめ現金化業者

最後に、実際に安心して取引できるクレジットカードの現金化業者を、3つ厳選してご紹介しましょう。

職場への在籍確認や自宅等への郵便物の送付は一切ないため、カード会社だけでなく周囲の人へも現金化がバレにくくおすすめですよ!

ゼロスタイル
ゼロスタイルバナー001

\最大換金率99%!即日現金化OK/

最大換金率99%
手数料・診断料・見積もり料がぜーんぶゼロ!
■換金率:85~90%
■入金スピード:最短5分で振込み
■営業時間:年中無休!24時間受付


マイキャッシュ24
マイキャッシュ24現金化

 \後払いアプリ・携帯決済に対応/

初回でも換金率90%を保証!
累計100,000人利用の人気業者だから安心♪
■換金率:85~90%
■利用可能額:5,000円~300,000円
■営業時間:9:00~22:00
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪


ペイチェン
ペイチェン_バナー

\後払いアプリ・キャリア決済が使える/

「すぐにでもお金が必要…」それなら【ペイチェン】!
スマホ完結で利用できるから、来店・審査の必要ナシ♪
最短10分・最大換金率90%!負担するのは振込手数料だけ!
後払いアプリやクレカがあればいつでもどこでも利用出来ちゃいます♪

まとめ:電話がきても現金化目的ではないと伝えよう

現金化目的でないと冷静に伝えればOK

クレジットカードを現金化したあとにカード会社から電話がかかってくることがありますが、この時点で突然カードの利用を停止されたり、今すぐに一括返金を求められたりすることはありません

もしカード会社から問い合わせがあったら、まずは現金化目的での利用ではないことを冷静に伝えるようにしてください。

クレカ現金化は現時点で違法ではないものの、バレると相応のリスクを負う行為でもあります。

疑われやすい行動を起こさないことはもちろん、現金化の方法にも気を配るなど、バレないための工夫をしっかり行ってから実践してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました